風を感じて、自転車とともに!

09年初夏、自転車に目覚めました。 自由業のため乗りたいときに乗れる! ハズですが、 現実は厳しく、 昨年末に、TCR ADVANCED SE + Racing ZERO に乗り変えた途端、 時間が取れなくなってしまいました。 自己のペースでのんびり楽しんで行くつもりです。

2009年09月

Wiggle、初めてのオーダー、で、その結果は...

9月15日、皆さんご存知のWiggleに初注文しました。
アームウォーマーとかレッグウォーマーなど、秋用のウェア、その他小物をです。

通常は7日程度で届くようなことが書いてあります。

でもまあ、連休もあったことだし、
税関で時間を食っているんだろうと、
私にしては「非常にやさし〜い」気持ちで待っていたのですが...

2週間経っても届きません。
日本の宅配便と違って、ネット上で荷物を追いかけられないため、
だんだん不安になってきました。

そこで、本日、

拙い英文で、
「私の注文した品物はどこらにあるんでしょうかね?」
みたいな文章のメールを送りました。

すぐに、
「12時間以内に調べて連絡する」
というメールが届き、
先ほど、その結果を知らせる報告(かつ提案)メールが届きました。

結果は、
なんと、
途中で紛失したみたいです。

え〜っ!?
            です。

これまで、ネットでアメリカ、ベルギー、ドイツ、イギリス、中国、台湾から買い物をしたことがありますが、
こんなことは初めてです。

中国ならいざ知らずイギリスですよ。

信じられません。

で、Wiggleの対応ですが、

・再度商品を送る
・全額返金する

のいずれかを選択してくれ、
ということでした。

さすがWiggle、すばやいですね。
実は昨日から今日にかけて、amazon.jpとやり取りしてますが、かなりの温度差があります。

私の選択;

再度送ってくれるように依頼しました。
全額返金するというぐらいだから、もちろん、フリーのはずだと思います。

因みに、
本日15:40過ぎに問い合わせのメールを発信しました。

15:47

At present we are aiming to get back to you within 12 working hours.

という返信が到着。

次いで、
17:31に調査報告&提案メール。

Unfortunately it does look like the order has been lost in the post, would you like a replacement sent or would you prefer that I issued you with a full refund?

Please let me know which option you would prefer, I do apologise for the inconvenience caused.

このメールに気づき返信したのが、
18:25

Well, is it really?
I used to buy commodities from foreign countries.
But,
I have not experienced up to now such a case.
This is the first time.
I cannot believe!Well, in conclusion,
I would like a replacement sent.

broking Englishでもちゃんと通じたようで
いま、メールを確認したところ、

3分後の18:28に、

The replacement order has been made for you now and will be processed today.  If the original order does turn up, please send it back to us and we will refund the cost incurred by you to send this back to us.  You may be contacted by the Courier to confirm that you have not received the order and I would ask you to return the requested paperwork.

というメールが届いていました。
早い対応ですよね。
日本では、ここまではいきません。
自信を持っていえます(笑)。

最後のメールですが、

・本日中に手配するからね。
・もし、最初の品物が届いたら送り返してね。
・その場合の費用はこっちで持つからね。

という意味でしょうかね、たぶん。
海外暮らしの長いD.B.さん、間違っていたら教えてください!

うん、非常に安心して買い物ができそうです。

どんどん買い物しましょう! Wiggleで。
                              (爆)

でも、モノによっては国内の方が安いので、注意が必要です。

さあ、あと2日、がんばらなければ!!



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

ナイトラン、態勢強化!

今日もいい天気でしたが、
みなさん方々へお出かけなんでしょうね。

事務所で月末の追込みに従事していました。
でも、
窓越しの堤防に、
たまらなくなって、
30分だけですが、11km強走ってきました。

痩せるためには1日に30分だけでも効果があるそうです。

さて、私の場合、
ftkentさんのように早起きができません。
ですので、平日は勢い夕方になってしまいます。
夜景が多いのはそのためです。

現在、ライトは、前にもご紹介したEL-530を使っています。
これですね。

      ↓

530L_645


結構明るいのですが、
これでは不十分なような気がします。

堤防上を走るのですが、
街灯の類は全然ありません。

おまけに、
たまに車が走行したりします。

堤防上は、緊急車両しか通れないことになっているのですが、
ここらは、
そんな警告などどこ吹く風で無視されます。

バイクはたまに走ったりしますが、
自転車は滅多に、というか全然走っているのを見たことがありません。

鹿屋市方面へ行くと、夕方でも見かけますが、
肝付町内の堤防の場合、皆無です。

見慣れない自転車にドライバーも驚くでしょうが、
中には、軽トラの「じいじ」もいて、
これが非常に危険を感じます。

視野に入ってるけど気づかない、
自転車だと認識できない、
という可能性が大いにあるのです。

いつだったか、肝付町中心部の交差点で、
軽トラ同士が、
  「2回」も
ぶつかった現場に居合わせたことがあります。

1度出会い頭にぶつかって、離れた後、両者ともそのまま進み、
再度ぶつけた、
という信じられないような光景に出くわしたのです。

この間も、車に乗っていたのですが、
私がいつも走行している堤防から左右を見ないでいきなり飛び出してきた軽トラがいました。
急ブレーキと急ハンドルで回避しましたけどね。

だから、非常に堤防上を走るときは恐怖を覚えます。


前置きが長くなりました。(笑)

そんなわけで少しでも早く相手に確認できるように、ライトを道路とほぼ平行に向ける必要があります。

すると、足元が確認しづらくなります。
すなわち、足元専用のライトが必要になるというわけです。

以前、ftkentさんに、
ライトの件で質問させていただいたときに、
前輪のハブにねじ込む「モノ」があって、そこにライトを付けているということをお聞きしました。

そこで、先般、ネットでいろいろ調べて購入に至りました。
これらです。

      ↓

090925


EL-135(1330円)とハブ・ランプ・ホルダー(1000円)です。


組み立てたEL-135。
  
      ↓

090925EL135


ハブ・ランプ・ホルダー。

      ↓

090925holder2


ハブ・ランプ・ホルダーを分解したところ。
組み合わせにより、M9のハブ軸径とM5のクイックシャフトに合うようになっています。

      ↓

090925holder


まずは、クイックレバーを緩めて、


090925hub


アジャストナットとタケノコバネを外します。


090925spring


別メーカーのホルダーの場合、
タケノコバネは再度取り付けるようになっていますが、
(ネット上でマニュアルを見ました)
このホルダーの場合は「保管するように」と記してありました。

で、ナットの代わりにホルダーをつけたところ。

      ↓

090925hub+holder


届く前は、短いのではないかと不安でしたが、
取り付けてしまうと、けっこうデカく見えました。

EL-135を装着しますとこんな感じになりました。

      ↓

090925lightb


向きを変えてもう1枚。

      ↓

090925light


けっこうカッコいいですね!
ベロはまだ切っていません。
仮止めですし、通常は外しておく予定ですので。

まあ、
これで少しは危険を回避できるでしょう!?
(できるといいのですが。)

あと、テールライト。
現在、100円ショップのものをつけてますが、ちゃんとしたものを注文してあります。

これです。

      ↓

CATEYE ハイパワースリム
 CATEYE ハイパワー&スリム TL-LD610-R

後方も怖いですからね。


さて、
皆さんの本日の日記が楽しみです。

私といえば、
残るは3日、
死ぬ思いをしなければならないようです...


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

9/21ライド−写真編−

なんだか気の抜けたビールみたいになってしまいましたが、
「写真は後日」
とか書いたので、一応念のため。
(何が「念のため」なんだろう? 書いてる本人にも意味不明(笑))

コースを再度表示しますと、
(この間のは画像、今回のはリンクです。)





大隅線跡を辿る鹿屋市のフィットネスパースですが、
旧野里駅から旧高須駅へ下るルートは、
木漏れ日の中を快適に走ることができます。

途中に数本、キロポストが残っています。


090921kilopost


廃線から20年以上経ったにもかかわらず、
よくぞ風雪に耐えてくれた!!
と、褒めてやりたいぐらいです。
雪は降りませんけどね。

で、
走行距離等はこちら。

走行距離;79.10km
走行時間;3時間39分49秒
平均速度;21.6km/h
最高速度;55.1km/h
消費cal ;2244kcal

マップ上で、ルートの最南端が旧大根占町と旧根占町との境付近です。

お約束の記念写真!


090921orikaeshi3


開聞岳、
いいですよね!
1回だけ登ったことがあります、確か24,5年前に。

トイカメラ風に仕上げてみました。


090921kaimondake


単にコントラストを付けただけですけど、
きれいな写真に慣れている目には、
ちょっとばかりゲージツっぽくって新鮮に見えます。

で、事務所からちょうど30kmのここでUターンしたわけですが、
少し行くと、旧大根占町の海水浴場があります。
鹿児島の砂浜はだいたいがグレーっぽい色をしていますが、
ここは割りと白っぽいきれいな砂浜です。

そこら辺で撮ったのがこれ。
モロ逆光です。


090921oonejime


コンデジの場合、
リバーサルフィルムみたいなところがあって、
明暗差の激しい被写体を写すのには苦労させられます。

明るい方に合わせるか、
はたまた、暗い方に合わせるか?
いつも悩まされます。

鹿屋市と旧大根占町の境付近にはちょいハードな坂があります。
北上する道と南下する道とに分れている箇所です。

鹿屋方面からキツイ思いをしたので、帰りに坂道のテッペン辺りにあるバス停をチェックしたところ、
その名もズバリ、
「峠」。

きつい筈です。
峠付近には観望所があって、写真をパチリ!

まずは、やはり開聞岳。


090921d


どこから見ても容姿端麗です。

こちらは、
南国を感じさせるハイビスカス。


090921e


お次はセルフポートレート。
写真を撮られることが嫌いな私が、
このところ結構な頻度でシャッターを押しています。


090921f


自転車のなせる業、でしょうか?
ここではまだ余裕がありました。

しかし、
高須海岸の手前から「ばら公園」への上り坂に進んだ途端、
泥炭の苦しみ
を味わう羽目になりました。

キツイ、きつ過ぎる登りです。

1/3程度でコーサンです。
そこから延々と歩くことになりました。

「ツール・ド・おおすみ」ではこの坂を登るはずですけど、
みなさん、自転車で登りきっているんでしょうかね?

090921g


この看板が見えたときには、心底ほっとしました。

「かのやばら園」が正確な名称のようです。
以前は、ただの「霧島ヶ丘公園」だったため、つい間違えてしまいます。

バラの本数は西日本一だということです。
バラも好きな私は、毎年、年間パスポートを購入していますが、
これまであまり行く機会がありませんでした。

いつもの「大隅半島横断」コースから目と鼻の先にあるので、
今後はシーズンにはちょくちょく行けそうです。

・ジャージ姿であること。
・ロードをどこに置くか。

という問題点が解決できればのハナシですけどね。

登りも大変だけど下りるのも大変です。
結構な急勾配なのでブレーキから指を離せませんでした。
カーブもきついですしね。

肝付町に着いた頃には空はこんな感じでした。


090921h


このまま帰るのではなくて、
堤防上を、さらにバイクを進めました。


途中、橋の麓で月をバックにバイクを撮れないかといろいろトライしてみましたが、
やはり難しかったです。
スローシンクロしても光量を調整できないのでちゃんとしたものが撮れません。

結局、ノーストロボで撮ったのが一番マシでした。


090921m


何がナンダカわからないでしょうね。
一応クリックしてご覧いただければ...

この時期、夜道は快適ですね、涼しくて。
つい、シャカリキに飛ばしてしまいます。

9/21写真編はこの辺にして、次は9/24編に行きたいと思います。

ではまた。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ


おまけ。

090921i

                         私の好きな色です。

サイクル系雑誌。

昨日は時間を見つけて、
サイクル系月刊誌の最新号チェックに行ってきました。

事務所の階下は本屋さんなんですが、この系統の雑誌は置かれてないため、
車で30分ぐらいかけて鹿屋市の本屋さんまで出かけることになります。

まずは、『funride』。
(画像はすべてデジカメで撮ったものです)


090924funride


キレイなお姉さんに惹かれて、定期購読している雑誌です。
確か発売日に届きました。

続いて、『自転車生活』の最新号(vol22)。
「サイクリングのお供グッズ」という特集、

  といってもわずか2頁!!

があったので、つい買ってしまいました。


090924seikatsu

vol20の「サイクルトレン」特集、21の「夏旅」特集でお終いのはずだったのですが。
クセになりそうです。

また、
『BiCYCLE CLUB』も、先月号に続いて買ってきてしまいました。


090924bicycle


もちろん、
「インナーマッスルで持久力UP!」という記事に惹かれてのことです。
なんせ、54歳にしてロードを始めたばかりの貧足ですからね。
こういう文字を見ると、これまた、つい手が出てしまいます。

でも、さすがに『CYCLE SPORTS』までは買いませんでした。

もしかして、
この『CYCLE SPORTS』こそが30年ほど前に購入していた雑誌ではないでしょうか?
『サイクルスポーツ』、
耳が覚えているような気がします。

で、ビジネス週刊誌をチェックしていたら、
『週間ダイヤモンド』の最新号がいきなり目に入りました。

   「自転車が」熱い


090924daiyamondo


目次はこんな感じで、
40ページほど割かれていました。


090924dai-contents


他のビジネス週刊誌も一緒に買いました。

『エコノミスト』と、


090924economist


『東洋経済』。


090924toyokeizai


あと、『デジキャパ』も。


090924capa


若い時分に報道写真科で学んだのに、いまさらデジキャパはないだろう!

と思わないでもないですが、なんとなく買ったりしてしまいます。
無駄遣いを反省する日々です。(笑)

遠くの本屋にはたまにしか行けないため、
まあ、月に3,4回程度でしょうかね、
まとめて買ってしまいます。

もちろん、メインはアマゾンですけど。

政権交代以前に書かれた、
こんなのや、


090924jiminparty


一部で話題となった、
3名の会計検査院調査官と2人の少年少女との物語である、

    『プリンセス・トヨトミ』


090924toyotomi


他にも新書等が数冊、けっこうな金額になりました。

レジで思わず脳裏を掠めたのが、

「この本代で自転車用品の××が買える!」

という、やや後悔の念(笑)

でも買ってしまったものは仕方がない!
読むしかありません。



そうか、
本を読む時間があったらロードで出かけるべき!
という考えもありますね。

う〜ん、

悩ましいところです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

サンセット・ラン−夕焼けを求めて−

きのうは夕方から雨になりましたが、
今日はいい天気でした。

錦江湾、というか、
薩摩半島に沈む夕日が見られるんじゃないかと思って、

前回のライドから中一日、空けただけなのに、
16時過ぎにこぎ出しました。

次回は、
仕事の関係で、
10月にならないと走れないと思いますので、

写真等は後から、
ということで今夜はデータだけ。

16時15分出発、19時51分帰着
走行時間;2時間26分17秒
走行距離;56.80km
平均速度;23.3km/h (いつもより早いです)
最高速度;41.9km/h
消費カロリー;1527kcal

高須海岸で夕焼けを見て、
三日月が明るくなるのを待っていたら、
すっかり暗くなってしまいました。

証拠の写真を1枚だけ。
本当はもっと暗かったんですけどね。
自動補正をかけたら画像が明るくなってしまいました。


090923kinko-bay

            錦江湾に浮かぶ三日月

右側が薩摩半島、
(開聞岳が見えてますね。)

左側が、
ちょっと暗いですけど、
大隅半島の先端、佐多岬辺り(?)です。

(クリックすると拡大されます。)


そんな訳で帰りは飛ばしました!
恒例の(?)、
チェーンも外れ、
テールライトの光の中でセットしました。

慣れたものです!
なんせ、毎回外れていますから。

ギヤの組み合わせには気をつけているんですけどね。

では。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

誘惑に負けてしまいました!

キャロラインが、
出かけよう、出かけようと囁くものですから、
根負けしてしまいました。

キャロライン
ルイガノのロードです(爆)。

ちなみに、
エセMTB(MTBルック車ともいわれるようです)は、
レイチェルという名前に惹かれて買ってしまいました。
4年前ですけど。


Ray2


ほとんど乗らないため、
おまけに、
事務所の中に閉じ込めていたため(笑)、
キレイなものです。

レイチェルときたら、

ブレードランナー!!

と連想された方はツウでいらっしゃいますね、

因みに、
原作、といっても翻訳本ですが、

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』、

ハヤカワ書房の初版本(昭和44年6月30日発行、330円)を持ってます。

私のLivedoorblogでのアカウントはroadrunner2009ですが、
自転車のroadrunnerではなくて、
自転車のroad+bladerunnerのrunnerから付けたものです。
まあ、どうでもいいですけどね(笑)。

じゃあ、なぜルイガノのロードをキャロラインと呼ぶのかと言いますと、
これもどうでもいいハナシですが、

浪人(いわゆる浪人ではありません)生活を送っていた時分に、
外資系のホテルに派遣されたことがあります。

そのとき本国;カナダから英会話を教える目的で若い女性が来日していました。
お察しのとおり、彼女の名前はキャロライン

でなんで自転車の名前に?

おわかりですね、
ルイガノはカナダ出身のチャリ。

だから、キャロライン

つまらないハナシで引っ張ってしまいました!
申し訳ないです。

えっ? キャロラインとの関係ですか!
いやだなぁ、何もないですよ!

で、本題ですが、

皆さんのブログを拝見すると、
やれ、どこどこに行った、とか、そういう話題ばかりです。
なかには、
仕事に呼び出された方もいらっしゃるようですが...

おまけに、
窓の外は青空が広がっている!!
しかも、天気予報を見るとどう転んでも下り坂。

これじゃ出かけないわけには行きません!

というわけで、
14時4分に出発し、19時5分に戻ってきました。

走行距離;79.10km
走行時間;3時間39分49秒
平均速度;21.6km/h
最高速度;55.1km/h
消費cal ;2244kcal

でした。
で、どこまで行ったかといいますと、
いつもの高須海岸(錦江湾)で折り返すはずだったんですが、

あまりに天気がよかったため、
そこから1時間ほど錦江湾沿いに南下して、
旧大根占町と旧根占町との境界まで行ってしまいました。

こんな感じです。


090921kaimondake2


標高差が160mとなっていますが、
帰りに、
浜田海岸から、
ツール・ド・おおすみ」の出発&帰着地点である、
かのやばら公園を目指したからです。

結論; 死にました!!

結局、歩く羽目になりました。
ホント、きつかったです。

本番でも、私の場合歩かざるを得ないと思います。

行きはヨイヨイ帰りはツライ!!

だと思います。

写真も少しだけ撮ってきました。
明日以降、ご紹介できるかもしれません。

ではまた



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

第9回ツール・ド・おおすみ eco サイクリング大会

いわゆる、
「ツール・ド・おおすみ 」の日程がわかりました。
(今頃気づくなんて、遅すぎる!!)

今年は11月29日開催予定とのことです。

第9回ツール・ド・おおすみ eco サイクリング大会

コースは3種類。
Aコース; 110km 8:30スタート
  • かのやばら園〜錦江町〜南大隅町〜さたでい号待合所周辺(昼食)までの往復
Bコース;  50km  9:00スタート
  • かのやばら園〜錦江町〜南大隅町自転車競技場(昼食)までの往復
Cコース;  30km  9:30スタート
  • かのやばら園〜神川大滝公園までの往復 (昼食会場はかのやばら園となります)
昨年の参加者は423名だったとか。

参加するとすればAコース110km。
(以前は124kmだったはず、コースが変更になったんでしょうかね?)

昨年度の写真を見ると、白バイが先導してます。
最初だけ全力疾走して白バイに先導されるのもいいかもしれません。
もちろん途中で棄権(爆)

なお、今回のゲストは、

>梅丹本舗GDR
>中島康晴選手となっています。


だそうです。
そちらには疎いので私にはよくわかりません。

そうそう、
過去の情報によると、
Bコースの場合、
南大隅町自転車競技場でタイムトライアルに参加できるそうです。

また、
どのコースなのかわかりませんが、
海上自衛隊鹿屋航空基地の滑走路を走れるそうです。

なんだか楽しそうです!!

いかがですか、参加されては!?


今日も秋晴れの下、

仕事です(泣)。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

サイクリング日和! しかし、

きのう今日と、
いい天気です。
絶好のロングライド日和です。

しかし、仕事してます。
期限は待ってくれません。

右の天気予報をみると、
この晴天も今日まで、明日から下り坂になるようです。

じゃあ、何を置いても今日出かけよう!

という気持ちになります。
しかしながら、身体が重くて...

昨日は、
草払い機(通称ビーバー)を用いて、
裏山の畑(といえるかどうかは別にして)の草払い作業に従事しました。

面積にして3畝(約100坪)のネコの額ともいえないようなスペースであるにもかかわらず、
2時間もかかってしまいました。

1年ぶりの草払いだったので、
伸び放題、おまけに草同士はは絡まり、
それはもう、力仕事になりました。

そんな訳で今日は、
手足や腰が重く、
バイクに跨るパワーが出てきません。

今日の最高気温の予報は30℃となってるだけにあって、
少々汗ばむ腕でキーボードに向かっています。

開け放たれた窓からは、
運動会らしい地元中学校の賑やかな、(耳障りな)放送が。

今朝ほどは、
山本リンダの「ねらいうち」とか、フィンガー5のむかし懐かしい曲が流れてきていました。

一番うるさいのが教師の声、
「引っ込んでろ!」
と舌打ちせざるを得ません。

どうして、教師は、
ああいう言い回ししかできないのだろう!!

生徒の親御さんを呼び出すのにその言葉遣いはなんなんだ!!

世間知らずの教師の様子が手に取るように理解できます(笑)

因みに私は、
小学生のときから教師嫌いです(爆)

反面教師として大変に勉強させていただきました。

こりゃいかんですね!

バイクに乗って出かけられない鬱屈した思いが発現している!!

時間を見つけて、
小一時間でも走るようにしなければ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

大隅半島横断(とはいえないけど)トレ(3)

迷った末に、
17時前に出発しました。


090917d

  (本当はもっと明るかったんですけどモロ逆光で...)


錦江湾を眺めてUターンし、肝付町入りしたのは19時前。


090917b


暗い中を柏原海岸(志布志湾)までさらに進める不安でしたので止めました。

てなわけで、走行距離は15km程度少な目です。

走行距離;44.86km
走行時間;2時間3分27秒
   (Cyclink-Time;1時間57分)
平均速度;21.8km/h
   (Cyclink;20.7km/h)
最高速度;39.9km/h
消費カロリー;1123kcal (Cyclink)


090917e


えっと、Cyclinkのデータはといいますと、


090917


心拍数を、
適切な運動強度である139以下に維持するよう努力した結果、
まあまあ、範囲内に収まりました。


こんなもの見ても面白くも何ともないでしょうね(笑)
日記代わりですので我慢していただければと思います。


脂肪燃焼効率を高めるために、
心拍数を113以下に収めるのは今のところほぼ困難ですね。

まあ、
そのうちに身体が慣れてくれば可能かもしれませんが。

もっとも、
9/8
のものと比べると、
かなり、低い心拍数を維持できるようになった事が一目瞭然です。


090908


ただし、その分、スピードが低下気味です。
というか、
低い心拍数を維持するには、現状では速度を落とすしか方法がないような気がします。

なお、
ケイデンスは85〜110ぐらいで変化していました。

いま持っているサイコンは、
ケイデンスのデータが残らないのでちょい役不足です。

それに、
バックライトがついてないので、
暗闇ではサッパリ読み取れません。

先日のブログに、

大隅高須駅跡には記念碑が建ってなくてちょいサビシイ、
みたいな情けないこと書きましたが、

念のため今日チェックしに行ったところ、
って、そこでUターンすることにしているんですけど(笑)
ありました、記念碑が。
これです。

  ↓

090917a


正門の太い柱に隠れていて、前回、見落としてしまいました。
どうせなら、
正門の前に鎮座させて欲しかったな!

ま、あるだけマシか。


090917c


いつか、
薩摩半島に沈む太陽を写してみたいものです。

今日は、
パナの防水カメラFT-1を背中のポケットに突っ込んで行きました。
携帯のカメラよりは格段にイイですね、やはり。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

大隅半島横断トレーニング(2)−写真編−

昨夜アップできなかった写真をご披露したいと思います。

デジカメではなくて携帯電話のカメラ、しかも旧式の2Mですので、
画質は非常に悪いです。
                            悪しからず。

下のマップ上、
折返地点(1)と折返地点(2)で撮ったものです。





今回は、鹿屋市街地を抜け、
旧野里駅から旧大隅高須駅へと一気に下りました。

歩いている方にお尋ねしたところ、

前回、
「ここらが旧高須駅」
と思った辺りは間違っていて、
その先のトンネルを通り抜けたあたりに旧高須駅はあったそうです。

そこには特に記念碑もなく、町民会館が建っていました。


090913a


元国鉄マンとしては少々淋しさを覚えないでもないでした。

旧高須駅とトンネルの中間ぐらいの地点です。
こちら側も立派な案内板(?)が設置されていました。


090913b


着いて10分ぐらいしてですので、
事務所から大体1時間ほどで着たようです。
走行距離は22km強だったと思います。

で、トンネルはというと、


090913c


こんな感じで中はけっこう暗めです。

付近の方と話をしていたら、
夏場は悪ガキ共のたまり場になったりして、いろいろあるようです。
避妊具が落ちていたとか、
女の子が上半身裸で・・・・・・悪ガキどもに・・・・・・されていたから、
警察に通報したところ、
その翌日には車のタイヤをズタズタに引き裂かれたとか...

道路管理者は鹿屋市役所かと思いますが、
中にメチャ明るい防犯灯を3基ぐらい設置したほうがいいですね。

事が起きてからでは遅きに失するんですけど。


090913d


そうそう、前回、
トンネル前の路上にコンテナみたいなものが2基置かれていて通行を妨げている、
と書きましたが、
きれいサッパリ片付けられていました。

このブログは鹿屋市役所の方にも読まれているので、
もしかすると、そのせいなのかな?
まあ、ともあれ、障害物が除去されてよかったです。


090913e


ここを出て間もないところにコンテナらしきものが置いてありました。

照明の下にバイクがありますが、わかりにくいですね。
さすが携帯のカメラ、
こういう場面ではほとんど使い物になりません。
最近のはどうだか知りませんが。

さて、曇り空だったため、

開聞岳は見えないだろう、

とデジカメを置いていったのに、ちゃんと見えてました。


090913f


時刻は17時6分前、
けっこう暗くなっていました。


090913g


ここから坂を登っていきますが、
思ったより楽で、シッティングのまま登り切きれました。
前回の「まさかり峠」に比べたら、
チョチョイのちょい!
という感じでした。

今後は帰りを心配せずに心置きなく錦江湾に臨めます。

途中、
高隈山系を越えて、桜島の灰が飛んでくる様が見えました。
風向きから、
どうやら曽於方面へ飛んでいくように思えたので、
予定通り、柏原海岸を目指すことにしました。


090913h


折返地点(2)の、
志布志湾に面した柏原海岸近くの有明橋に着いたときには、
今まさに太陽が沈むところでした。


090913j


欄干に鳥が止まっているのがお分かりになるでしょうか!
なかなかこういうシーンは撮れません。
やはりデジカメを持っていくべきでした。

こちらが反対側。
河口の先は志布志湾です。


090913i


いい色合いです。
別に画像をいじっている訳ではありません。
(いずれもクリックすると写真が拡大されます。)

サイレント・ブルーというのは、
明け方の、このような色合いの空のことをいいますが、

別に、夕刻の空でもいいんじゃないか!?

と思えるような雰囲気でした。

サイレント・ブルー、
夏川結衣がヒロインを演じた映画、

「夜がまた来る」

でラストを飾っていました。
どうでもいいですけど。

お決まり(?)の記念写真です。


090913k


本当はもっと暗かったんですけど、
ほのかに明るい、そういう程度の明るさでしたが、

携帯カメラではこういうふうに表現されます。


こちらも同様です。


090913l


輝く水面を背景にバイクのシルエットが浮かぶよう、
橋梁上で場所を調整しました。

途中で2台ほど車が通過しましたが、
真っ暗闇の中に、
ヘッドライトの向こうに、橋の真ん中に突然変わった格好の人間が現れて、
ドライバーも一瞬驚いたのではないかと思います。

写真を撮るのも命がけです(笑)


最後の1枚。
自転車は入れてません。

キレイだったから撮った、それだけのことですが、
2Mの携帯でもここまで撮れるとは、
少々感激ものです。


090913m


次回は、いつになりますかね。
今週はけっこう忙しくなりそうです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

大隅半島横断トレーニング(2)

今日はちゃんと横断してきました。

空が曇っていてちょい不安でしたが、
雨に見舞われることなく錦江湾と志布志湾を見てこれました。





所要時間;3時間29分
(出発;15:27、帰着;18:56)

例によって、
途中で写真を撮ったりしていたら、またもや闇の中を走行する羽目になりました。

走行時間;2時間40分05秒 (05秒って意味ないような(笑))
走行距離;58.68km
平均速度;21.9km/h
最高速度;41.4km/h

今日は心拍数が140以下になるよう努めたため、
cyclinkの、
cyclinkタイム(適切な運動強度での走行)が大幅にアップしました。


090913


前回(9/6)は28分(走行距離50.6km)でしたが、
今回は、走行距離は8km伸びただけなのに、
一気に106分になりました。

その分、脂肪の燃焼効率が上昇したはずですが、
先ほど体脂肪計に乗ったら、

あれれ!?

という状況でした。
まあ、すぐに急変する方がおかしいですけどね。

ところで、
帰りに、鹿屋市街地を通過した辺りでケイデンスが表示されなくなりました。

チェックしたところ、
外見上はどこにも異変が見当たりません。
磁石もセンサーもちゃんと付いています。

となると、
断線ですかね?
まだ、買ってそれほど使ってないというのに。

もしかして、

ガーミンのEdge705を買え!!

ということですかね?
先立つものがあればすぐにでも買うんですけど...

えーと、
疲れたので、
写真は明日アップすることにします。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

本日は休足日なり!

090909b6


大隅半島横断トレーニングを、

一日おきに

実施しようと考えていましたが、
早速、
本日は休みになりました。

実は昨日、
仕事上の研修で鹿児島市へ行きました。

いつもだったら日帰りなんですけど、
4月に鹿児島へ異動になった、
古い友人と23年ぶりに会うことになって一泊してきました。


090909c6


そんな訳で今日は中止と相成りました。
飲みすぎた訳ではないけど、
睡眠不足で。

写真の観覧車は、
鹿児島中央駅の複合施設、アミュプラザ上にあるものです。

色合いが時間とともに変化してきれいなため、
しばし眺めて、かつ、写してきました。

お台場にある観覧車と比べると貧弱な気がしないでもないですが、
そこはそれ、
きれいなものに変わりはありません。

ちょっと場所を変えて写したのがこちら。

                   ↓

090909a6


右側の銅像は、

江戸時代の末期に国禁を犯して海外留学を果たし、
日本の近代化のために尽力した薩摩藩の青年藩士;五大友厚や森有礼など計17名の、

若き薩摩の群像」(PDF)

です。

現状を考えますに、
鹿児島県の人材は明治時代に費えてしまったのかもしれません。

桜島は相変わらず雄々しい姿を見せているんですけどね。


090910b6



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

大隅半島横断トレーニング

えーと、
膳は急げ、   (← なんのこっちゃ!)
ということで早速チャレンジしてみました。

全コースは以下のとおり。
時間の関係で、高須海岸までは下りられませんでした。





事務所前をスタートしたのが16時53分、
一昨日、行き止まりと勘違いした、ばら公園へのT字路で写真を写し、
折り返したのが17時52分頃。

その時点での走行距離は約17.6km、


090908e


走行時間は50分強でした。


090908f


で、
肝付町のはずれを通過したのが、
18時20分過ぎ、

太平洋岸(志布志湾)の柏原で折り返したのが、
18時52分で、

事務所前に到着したのが、
19時18分ごろでした。

鹿屋までは向かい風、
おまけに
鹿屋市外から旧野里駅方面への登りでこなされたので、
時間がかかってしまいましたが、

帰りは飛ばしましたね〜
肝付町まで17kmを30数分でクリアしてます。

下のcyclinkの中ほどを青いラインがそれを示しています。

なお、黄色の心拍数も、

日曜日は最高180程度まで達していましたが、
注意したせいか最高160ぐらいで収まっています。


090908ciclink


もう若くはないんだから注意しないと!!
というわけです。

本日の結果は以下のとおり。

走行距離;50.59km
走行時間;2時間11分30秒
平均速度;23.0km/h
最高速度;39.0km/h

平均速度が以外に伸びなかったのは、
柏原で折り返す際にすでに日は落ちており、ライトで照らしながらの走行だったからです。

何度か走った道(堤防)とはいえ、
ライトの頼りない照度ではスピードをセーブせざるを得ませんでした。

やっぱ、照明のない暗闇は怖いです。

ところで、
一昨日、「行き止まり」と勘違いしたのは、フィットネスパースではなく一般道を走行していたからです。

今日、撮って来ました。


090908a


どう見ても、
行き止まりって感じがしませんか?

とはいえ、パースを走っていたら、
こんな感じで、


090908b


一般道の向こうに道が続いているな、

と、気づいたはずですね。


一般道を渡ると、


090908c


こんな感じにパースが続いています。

ここから、
例の、動画に残した、
旧高須駅に向かっての下り坂が始まっているという訳です。


一般道の突き当りには、
大きな看板が設置してあります。


090908d


どうせなら、
フィットネスパースの看板も設置して欲しかった!

念のため探しましたが、どこにも見当たりませんでしたね。

ところで、
「パース」って何だろう?
綴りは??

調べても出て来ないのですが...



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

7回目の遠乗り、と言っても60kmでしたが。(追記あり)

昨日は予定どおり昼から走ってきました。

7回目にして、
ヘルメット&ジャージで身を包みました。
もちろん、
ハートレート用のブラも(笑)

例によって、
仕事(貧乏ヒマなし、です)を投げ出して、
事務所前を13時半過ぎにスタート。


090906a6


肝属川沿いを上流へ向かって10kmちょい走ると、
旧大隅線鹿屋(かのや)駅跡地に近い鉄道記念公園に着きます。


090906b6


公園内には、
昔懐かしいキハ(気動車)と保線用の作業車が置かれています。
資料館もありますが、
時間の関係でスルーしました。

ここで、ハートレート記録用のCyclinkのスタートボタンを押してないことに気づきました。
けっこうやっちゃいそうです。

合併前の鹿屋市は、
大隅線跡地を利用して、
鹿屋フィットネスパース(通称;鹿屋サンロード)という、歩行者&自転車用コースを整備したんですね。

かんしん、感心!

当時の担当者に会ってみたいものです。

しかしながら、よくあることで、
作ってはみたものの、その後は放置プレー!
みたいな状況になっています。
特に野里から旧高須駅あたりが。

例えば、
鹿屋市のサイトをみても見つけることはできません。
鉄道記念公園にすら、確認不足かもしれませんが、案内板が設置されていません。

フィットネスパースは、
旧永野田駅からスタートしているはずですが、
この鉄道記念公園と、旧鹿屋駅跡地に建設された鹿屋市役所辺りでは、
ルートを見失ってしまいます。

困ったものです。

結局、
フィットネスパースは、
実質的に、市役所の先にある、
通称「鉄道橋」辺りからスタートする、と見てよいのではないかと思います。

なんせ、
大隈線を利用していた不肖クボタ、元国鉄マンでも迷うぐらいですから。


090906c6


この橋が鉄道橋です。
旧式の信号機が線路跡であることを示しています。
近づくと、


090906d6


こんな感じに記念の銘板が打たれています。
動輪のレリーフ、
3個ですが、D51のもののような?
C11とかC57の動輪の場合、スポークが細かった様に覚えていますが、さて?

C57、
その動輪のスポークの美しさゆえに、SLマニアからは「貴婦人」の称号を捧げられていました。

なお、当時は、
「鉄ちゃん」、「鉄子」の名称は存在してなかったと思います。

「SLマニア」、だけでした。


090906e6


銘板によると、
廃止されたのは昭和62年3月13日となってます。
国鉄からJRに移行する約2週間前のことだったんですね。
私は東京にいて、
大隅線廃止の7ヶ月ほど前に退職していました。


さて、
鉄道橋を後にして、非常に金のかかった思われるグランドゴルフ場を横目に緩やかな坂道を登っていきますと、

(フィットネスパースの維持費に少しは回して欲しいですね)

進行方向、向かって右側に、
鹿屋フィットネスパースの入り口の看板が見え、
そこから樹木の下を登っていきます。

途中、どんぐりが大量に落ちていて、
インパクトのある音を盛大に響かせてくれます。
パンクするんじゃないかと不安になったぐらいです。

     どんぐり地雷原  

と名づけました(笑)。

坂を上りきると、
海上自衛隊の基地を右側に見ながら単調な一本道を進むことになります。

どれぐらい単調かを示すために動画に収めてきました。
フルハイビジョンではないですが、一応、ハイビジョンです。
強力なCPUを積んだPCをお持ちの方は、
是非とも「HD」モードでご覧下さい。





ハイビジョン(AVCHD Lite)からMPEGに変換するソフトに無料のいいのがなくて、
ソフトメーカーのちょっとしたCM(テキスト)が表示されます、悪しからず。

そうこうするうちに、旧野里駅に到着します。


090906f6


ここは、フィットネスパースの休憩所になっていて、
水飲み場があり、思わず顔を洗いました。
あと、トイレもあったような。

来た方向を振り返るとこんな感じです。


090906g6


反対方向はというと、
こんな表示が立っていて、


090906h6


その先はというと、


090906i6


おいおい!行きどまりかよ!?

民家が建ってるじゃないか!!

もしかして、線路跡地を不法占拠されたんじゃあるまいな?

などと戯言をつぶやきながら足を進めると、


090906j6


なんと、ワープしてました。
大隅線は単線ですし、野里駅は鹿屋駅から最初の駅でホームはシンプルな作りだったと思いますが、

もしかして、
待ち合わせホームでもあったんでしょうかね?

でないと、こんなことにはならないはず!
でも、よく覚えていなくて何とも言えませんね...

セルフポートレートにチャレンジしました。

恥ずかしいので、
最近はやりのトイカメラ風に、
思いきりハイコントラストに仕上げてみました。


090906self


このサングラスをつけて車を運転してますと、
どういうわけか、
前の車がよく道を譲ってくれます。
あり難いことです(笑)。

こんなヤツですが今後ともよろしく!!      (笑)

野里駅をあとにして快調に飛ばしたのも束の間、
T字路に突き当たります。
左へ進めば、

ツール・ド・おおすみ」のスタート地点である、鹿屋市が誇る「ばら公園」へ。
右へ行けば???(よくわかりません)

線路跡は!?
フィットネスパースはどこへ!????

仕方がないのでバイクから降りて確認に行くと、

草むらの向こうに、
突き当たり、と思ったその向こうにパースが続いていました(笑)。

そこからは下りの快感を味わえました。
ついでに、
枯れ枝や枯れ葉、そして、またもやどんぐり地雷原の恐怖も。

一気に旧大隅高須駅へと下って行きます。

そろそろ錦江湾を拝める頃かな。

と感じた辺りでデジカメを取り出し、ハイビジョン撮影と相成りました。
手持ちなのでブレてますが、
臨場感を味わいください。

なお、片手運転での撮影は、
特に、この下りでの撮影は非常に危険ですので、
経済学でいうところの危険愛好家でない限りおやめ下さい。(笑)

ではどうぞ!





坂を下り終わったところ、
おそらくこの辺に高須駅があったと思われます。


090906k6


この先少し行きますと、トンネルがあります。
ライトが無くてもいけますが、
中に灯りが無いためライトを点灯した方がいいかと思います。

夕方までには帰宅するつもりだったため、
少しでも軽量化するために、
(今回、おまけでつけてもらっていたスタンドは外しました)
ライトは置いて行きましたし、

この付近でテールライトが転げ落ち弾け飛んでしまい、
自己を示す灯りが全然ありませんでした。

どんぐり地雷原
で、タイヤがポンポン撥ねていました。
そのため少しずつ外れていったようです。

やはり100円ショップのものは壊れるのが早い!(笑)かも。

そういえば、
トンネルの入り口付近に、どうみても私有と思われる大きなコンテナみたいなものが2基置かれて、
道を少々塞いでいました。


鹿屋市の担当課、
こんなんでいいんですかね?

実はここで引き返す予定でしたが、
久々の遠乗りにもかかわらず身体の調子はいいし、天気もいいので、
先へ足を伸ばすことにしました。

で、着いたのは旧荒平駅。


090906l6


駅舎が休憩所になっているし、トイレもあるし、近くに自販機もあり、
いい具合でした。


090906m6


昨年公開された「チェスト!」の撮影地だったようです。


090906n6


道路を挟んで駅舎の反対側には、

         荒平天神
                  があります。

090906o6


波打ち際では子ども達が遊んでいて、

まだまだ夏!
                といったところでした。

荒平から先にもフィットネスパースが散在してますが、
むしろ一般道を走行した方が海をより近くに眺められてベターかと思いました。

そして最終スポット、旧古江駅に到着です。

090906p6


駅舎の中にはテーブルや椅子が準備され休憩室になってましたが、
鍵がかかっていて、
侵入、もとい、入れませんでした。


090906q6


立派な石碑ですね!

大隅線が現役の頃、もっと支援して欲しかったですね。
廃止されてからいくら立派な石碑を建立されても。
(罪滅ぼしかな(笑))

駅舎の裏へ回ると公園になっていました。


090906s6


上のは、今回の写真の中でのお気に入りの1枚です。
(すべての写真がクリックすると拡大されるようになっています)


090906r6


SLの動輪の前でパチリ。
D51(デコイチ)のものだと思われます。


090906t6


こちらは、確か転轍機といったかと思います。
足でレバー(安全装置)を踏み込み、上方のレバーを手で閉じるとアーム自体を動かすことができます。

すると、転轍機の場合、
線路の先端部分が連動して、車両を他の線路に移動できる、
ということになります。

もしかすると、信号機用かもしれません。
その場合、
鉄道橋にあったような、ワイヤー式の信号機がバタンと動くことになります。

エイリアンのアタマみたいなヤツは、電磁レリーズだったかもしれません。
となると、上の説明は半分ぐらいは誤りということになります。

すみません、
20年以上前のことでよく覚えていません。
まちがっていたら、
ゴメンナサイ! 
                    です。

090906u6
 

ご覧のとおり、
なんともはや、さびしい光景ですね。


さて、
古江駅からどのコースを通って帰るか悩みました。
どこを通ろうと、急峻(ちょっとオーバーかな)な坂道を登らないことには帰れません。

結局、
一昨年だったか開通した、バイパスの「まさかり峠」のルートを選択しました。
これが、
土曜日に、鹿児島市から錦江湾沿いを辿り、
大隅半島を一周(約360km)されたftkentさんならどうってことない坂でしょうが、
ど素人の私には難所でしたね〜

それでも、
登板車線を走る車を横目で見ながら、何とか登りきることができました。
やれやれでした。

後は、途中で再び野里方面を目指し、鹿屋市街地を抜けて肝付町へとバイクを向けました。

途中、
川西(鹿屋市)辺りで堤防下の田圃に案山子の大群が。

(この辺は普通作です。肝付町では7月末には刈り終えています)


090906v6


案内板(?)には、
川西地区子ども会とかなんとか書いてありました。
子ども達が田植えをし、案山子を作ったんでしょうね。

反対側からみるとこんな感じ。


090906w6


そして、
肝付町の入り口付近にたどり着きました。
といってもほとんど疲労は感じませんでしたね。


090906x6



一番疲れたのは、今夜のこのブログ!!

写真を入れると動きが非常に鈍くなるのでイライラさせられます。
(タダで使わせてもらっているんだから愚痴はダメですね(笑))

また、
ハイビジョンからYouTube用の動画に変換するのも手こずりました。

おっと、肝心のデータを忘れるところでした。

走行時間;2時間52分
走行距離;60.24km
平均速度;21.0km (まさかり峠(坂?)が効きました)
最高速度;49.9km

事務所へ帰り着いたのは17時42分でした。


090906_7th long-ride


往路部分だけ、マサカリ峠の入り口までのルートです。
距離にして31.9km。
高低差は69mということですが、海岸から一気に登りますから骨身にしみました。

このマップを見て思いついたこと、
それは、

太平洋側の柏原海岸(右端)から大隅半島を横断して、
錦江湾の高須海岸(左端)まで達するコース、

をトレーニングコースにできないかということ。
野里―高須間には結構な勾配があるのでいい鍛錬コースになりそうです。

なお、ハートレートの方はこちら。
(最初の鹿屋市までの分が抜けています)


090906cyclink
          (クリックすると拡大されます)

けっこう、きつめのトレーニング状態になっているようです。
心拍数(黄色のライン)、
ほとんどの走行で推奨ラインを超えていますなぁ...

心臓にキツイ運動になっているようです。

次回は少々セーブしなければなりませんね。
下の案山子も両手を広げて、
止めろ!
と言ってるような。


090906z6


長々となりましたが、
ここまでお読みいただいた皆様、

どうも有難うございました。

次回からは短文にしたいと思います(笑)。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

プレ走行!

今日は一日中いい天気でした。

仕事関係者からの連絡が入るのを待っていたため、

窓の向こうに堤防を見ながら、
明日のルートなどを思い描いていました。

夕方、5時過ぎになって、
どうにも我慢できなくなり、

スーツ姿のまま、
もちろん上着とネクタイはなしですが、

ちょこっと、
明日のプレ走行を試みました。

秋の気配が漂う中での走行、
走っている分には気持ちがよかったですけど、

まだまだ夏、

降りた途端に汗が滝のように流れ落ちました。

身体がすっかり元に戻ったようです。
耐夏性能がすっかりダウンしたようです。

明日は、
せいぜい40km程度で収めることにします(笑)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ


ところで、
チューブとかはサイズさえ合えば何でもいいんでしょうか?

一応、パナのチューブを揃えてありますが。


R'AIR_645


師匠からは確かOKといわれた覚えがありますが、

何か特に気をつけるべき点とか、
おススメのチューブなどをどなたか教えていただけると嬉しいです。

買い揃えた書籍にはあまり書かれてなかったような...

ヘンな天気が続いてますね。

毎日、
ほぼ晴れ間が広がっているにもかかわらず、
突然、雨が降ってきたりします。

体調も回復したので、

今日こそは!

と思い準備はしているんですが、
やはりヘン。

昨夜は雷雨、明け方は地震、
まあ、そんな時間に走るわけはないので関係ないですが、
でも、

なんだかね〜

って気分です。

先週末だったか、事務所を訪れた友人がひと言;

チェーンが汚いですね!

慌ててチェーンクリーナー一式を注文して、
一昨日届きました。


0902chaincleaner


最も安いクリーナセットを、
しかもアマゾンが一番安かったのでアマゾンで2190円でゲット!

早速、昨日試してみました。

でも、
クリーニングに夢中になって写真を撮るのを失念してました。

しゃあないので、
開封したときの写真を。


0902chaincleaner2


左の液体?が洗浄剤、液体?が潤滑油、
でもって、
薄いブルーの一見華奢なプラ製のものがクリーナー本体。

で、どんなふうに使うかというと、

0902chaincleaner3


チェーンを本体の中に通して、上の蓋を閉め、
リハーサルした後、
洗浄剤を注入してペダルを逆回転させるという仕組みになっています。

その際、
本体のアーム(上の写真では左先端の丸い歯車(?)が付いている箇所)
はリアディレレーラーに噛ませて固定します。

マニュアルには、
30回程度回転させるときれいになる、
と書かれていますが、
私はその倍ぐらい回しました。

まあ、きれいになりました。
ただ、
側面の汚れは少々残ったような...

でも、
注意すれば手が汚れずに済む、
ということは確認できました。

丸型ブラシと平型スクレーバーは約50回程度の耐久性がある、
ということですが、
部品の入手がなかなか困難なので、

価格のことを考えれば、
その段階で破棄することもアリかもしれませんね。
環境に負担をかけますけど。

一緒に、
ワイヤーロックを購入しました。


0902wire


やっぱ、必要かな。

と思いまして。
ファミレスで食事した際に、結構気になったものですから。

心配性なわけでもないのですが。

明日は仕事、
日曜日には何とか走れるといいんですが...


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

ギャラリー
  • ツールドおおすみ 2017
  • ツールドおおすみ 2017
  • ツールドおおすみ 2017
  • ツールドおおすみ 2017
  • ツールドおおすみ 2017
  • ツールドおおすみ 2017
  • 1年半ぶり、なり!
  • 1年半ぶり、なり!
  • 1年半ぶり、なり!
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 高速道路を走ろう!!
  • 高速道路を走ろう!!
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
MOON_PROJECT
Recent Comments
訪問者数

    livedoor プロフィール
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ