風を感じて、自転車とともに!

09年初夏、自転車に目覚めました。 自由業のため乗りたいときに乗れる! ハズですが、 現実は厳しく、 昨年末に、TCR ADVANCED SE + Racing ZERO に乗り変えた途端、 時間が取れなくなってしまいました。 自己のペースでのんびり楽しんで行くつもりです。

2010年06月

大隅半島(南部)縦走ルート(私案)

ヒマじゃないんですが、

昼間、雨が上がっていたので走る準備をして「そろそろ」、
と思っていたら雨が降り出し、
「チッ、仕方ないな、仕事でもするか!」
と没頭していたら、
いつの間にか雨は止み、晴れ間がのぞいていて、
非常に気分の悪い思いをしました。

って、自己責任、
というか判断ミスなんですけどね。笑)

てなワケで、気分直しに、
気まぐれに思いついた、その名もズバリ、

「大隅半島縦走ルート」

を作成してみました。





距離は106kmですから大したことはありませんが(多分)、
標高差598m!!

グッときますね。爆)
ルートでの中央線の220m付近ががそこらの「丘」に見えます!


10年ぐらい前、車で数回走行したことがありますが、
確かにキツイコースだったような。
特に旧田代町を過ぎた辺りから。

まずは旧田代町までの「中央線」突破が先決ですが、
私の場合は。

どなたかチャレンジされた方はいらっしゃいませんか?
様子を、結果を聞いてみたいのですが。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

プチ・ヒルクライム顛末記−大根占〜宿利原−

記録的な大雨が降り続いていますが、
昨日は曇り空。

夜からまた雨になるということだったので、
昼過ぎに仕事を切り上げ走ってきました。


100624route


@trip


肝属川宮下橋付近の水量もだいぶ増えていました。


100624a


ハートレート:133(74%)
ケイデンス : 90
速度    :30.4km/h


100624b


順調な滑り出しでしたが、
この後、
ハートレートが180を超え、最高値の103%になろうとは。


かのやばら公園の麓、
旧野里駅の先から高須海岸へ行くフィットネスパースの入り口です。


100624c


単車の進入禁止の標識はここ数ヶ月の間に設置されましたが、
 (高校生がたまにバイクで走っていました)

「災害につき通行止」とは。

このところの大雨で崖崩れが発生したのだと思われます。
路肩がゆるい箇所もありましたし。

ここで選択肢が。

ばら公園を越えて錦江湾に出るか、
それとも、
別ルートで降りるか?

結局、
バラ園の登りは半端ではないので、別ルートで行くことにしました。
ちょっとしたアップダウンはありましたが、
大したことはありませんでした。

むしろ、いつもと違う景色が見られて新鮮に感じましたね。


100624d


高須海水浴場、浜田海水浴場というのは、
小さいときから耳にした名称です。

マップを見るとどちらも高須海岸(だったと思います)、

わかりやすいように、というか、
通称でこうして呼ばれてきたんでしょうね。

前回、
高須海岸の浜田地区とかなんとか書いた覚えがあるので、
あえて拘ってみました。


当初の予定では、
根占港まで往復するつもりでしたが、


100624e


道路標識に「吾平・宿利原」という文字があったので、
しばらく逡巡した後、

登りきれない場合には引き返せばいいや!

と、
R561で安易に宿利原を目指すことにしました。

写真は、いったん標識の下を通り過ぎて、
鹿屋方面に方向転換してから撮ったものです。


R561に入りしばらく進むと、
「神川大滝公園」へのルートとの二差路に突き当たりました。


100624f


R561に沿い右側へ進むと、
どう見ても延々とヒルクライムになりそうです。

気分が萎えました! 笑)

でもここまで来たら引き返すわけには行きません。
トライするのみです!

しかしながら、


100624g


ちょっと登っただけでもこの有様、
それでもひるむ気持ちを抑えてアタックを開始しました。

その後は、頂上付近まで写真は1枚も撮っていません。
それどころではなかったのです。

ハートレートが100%どころか103%(186ぐらいだったと思う)まで上昇し、
4回ぐらい足を着きました。
恥ずかしながら。

さすがに歩きはしませんでしたけど。

データを見ると最高勾配が10%、
心拍数103%、

まあ、無理のないことでしょうね。
いつもは平地しか走っていないのだから。


100624h


ようやくトップらしい所にたどり着きました。
(実際はもうちょっと上ることになりました)

生憎、空は曇っていて視界が悪かったですけど、
天気に恵まれたら最高の景色が拝めるのではないかと思いました。


この東屋を備えた小公園、
「宿利原地区ふれあい館」と言うんだそうです。


100624i


景色はきれい(多分)、トイレもきれい、水道も完備!

言うことナシです。
最高のビューポイントかもしれません。

大隅半島にはこのような公共施設が方々にありますが、
モラルの低い人間が多いようで、
あっという間に壊されたり汚されたりします。

(柏原海岸にあるトイレはその最たるものです)

こちらは地区の方々が大事にされているんでしょうね、
嬉しくなりました。


100624k


晴れていたら、
錦江湾が、開聞岳が見えるでしょうね。

もう1回行きたいですが、
ヒルクライムは苦手なので、次回は車になるかも、です。笑)


100624l


ハートレートは128、
と落ち着いたので出発することにしました。

標高が197mと表示されていますが、
実はここは最高地点ではなくて、
215mが最高でした。

なお、ルートラボでは225mと表示されます。
ROX9.0は気圧を利用して標高を計算するようなので、225mの方が正しいかもしれません。

標高差210m程度は、ほぼ一緒だと思いますが。


ちょっとしたダウンヒルとクライムにより、
宿利原集落の中心付近に到着しました。


100624m


ハートレートが早くも161にまで上昇しています。
軟弱な心臓ですね。笑)

宿利原学校前バス停。


100624o


校門の前で撮ろうかとも思いましたが、
不審者と間違えられると困るのでやめました。

世知辛い世の中になってしまいましたね〜


吾平への道がよくわからなかったので、
庭先にいらっしゃった方(おばあちゃん)に尋ねました。

その方のお話では、道なりに右側へ進めばよいということでしたが、


100624p


この道案内の横を過ぎた後、なんだか不安を感じてここまで戻ると、

柱に、
←「広域農道」
と小さく書かれていました。

やれやれです。

マップで確認したところ、
右側に進んでも広域農道(中央線)に出ることは間違いないようですが、
かなりバックすることになります。

中央線に到着するまでは30m下って20m上るというような感じでした。
木々越しに走行する車が見えたときには正直ほっとしましたね。

これで終わりだと。

そう、
あとは吾平市街地までほとんど下りなのです!
ラッキーです!

スーパー(?)ダウンヒルの後の、
「養老の滝温泉」付近での渓流です。


100624q


いつもは車なので、こういう景色を目にしたのは初めてのことです。

やはり自転車はいいですね!!


100624r


ちょっと走っては止まり、
写真を数枚!

その繰り返しになりました。

このところの大雨で水量が増えているはず、
なかなかの様相を示していました。


100624s


車を止めて川を眺めている人なんて過去に一度も見たことがありません。
もったいない、といえば勿体ないといえます。


いつもの、
旧吾平町内を走る自転車道路で撮ったものです。


100624t


曇り空でもうちょっと暗くなっていたので、電線に気がつきませんでした。

肝付町に入った辺りでの走行距離は58km程度、
少々走り足りなかったので、
柏原海岸まで足を伸ばすことにしました。

じゃあ、ということで「轟の滝」を訪れると、


100624u


やはり水量が増えていました。

暗かったし蚊はいるし長居は無用という感じでした。


100624v


この左上からの流れ、
前回は気づきませんでした。


100624w


大雨の影響でしょうかね?

柏原海岸に着いた頃にはかなり暗くなっていました。
時間的には日没までまだ間があるはずなんですが、梅雨空のせいでしょう。


100624x


権現岳です。


100624y


浜辺まで進んでみると、
ルーピンもすっかり枯れていてその残骸が残っていました。


100624z


左側の枯れ草に見える部分です。


最後に、
柏原海岸の主(?)であるネコたち。


100624z2


雨で餌を持ってきてくれる人が減ったのか、空腹みたいでした。
残念ながら私も持参してなかったので、

また今度ね。

とネコたちに声をかけ海岸を後にしました。


今日(25日)は全身が気だるく感じます。

プチ・ヒルクライムでもこれですから、本格的なヒルクライムには程遠い、
と現状では言わざるを得ません。

まあ、楽しく走れればいいか!
ということで、また


【昨日の走行記録】
13:49〜18:27
走行時間:3時間33分
(休憩:1時間6分)
走行距離:78.58 km
走行速度:Av.:22.13 km/h Max.:58.92 km/h
ケイデンス :Av.:81      Max.:158(110ぐらいだったはず)
心拍数  :Av.:148     Max.:184(186だったような)
気温    :最高34.6℃   平均23.1 ℃
 (最高、本当かな?)
最高勾配:10%
消費cal :2,121kcal


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

走って来たよ、中央線こと「大隅広域農道」!! (半分ぐらいですが)

今日は曇り。
夜には雨が降り出すという予報だったので、

今日走らずにいつ走る!?

ということで昼過ぎから走ってきました。


100624route


予定では「根占港」往復のつもりでしたが、
大根占の神川で、

道路標識で、
「宿利原・吾平」へ向かう道路があることを知り、

多分、中央線に繋がっているんだろう。

と、
途中で引き返すこともアリ!
と思いつつコースを変更したのですが、
ハッキリ言って、


エライ目に遭いました!! 笑)


海岸沿いから216m、一気登りでした!
何度、
引き返そうという思いが脳裏を掠めたことか!
                 (感嘆符が多いですね)

詳細はまた明日! 多分。
(そろそろ帰らないと)


20100624log


Uphill metres 669m とか、Downhill metres の667m って、何でしょうか?

登坂(降坂)積算距離
ということでしょうか?

私の持ってるROX9.0は並行輸入品なので、
扱い方やデータがイマイチよく理解できません。

猫に小判です! 笑)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ


走ってみたい、中央線;「大隅広域農道?」

相変わらず雨が降っています。
こんな日はルートラボで遊ぶに限ります。

仕事中ですけど(笑)





BXさんの日記にルートラボのことが出ていて、
久々に遊んでみました。

いつかは走ってみたい、通称;

「中央線」

です。
車で走っても、
シフトダウンが必要な激坂です。

ルートラボによると、

距離
66.7km
( 上り:18.4km / 下り:19.4km )
最大標高差
263m
平均斜度
全体:0%
上り:4.8%
下り:4.6%
獲得標高
上り:887m
下り:893m
想定所要時間
自転車:4時間26分

ということですが、
私の場合、この倍ぐらいかかりそうです。
そもそも完走できるかどうか...

上りの平均斜度は4.8ですが、
どうみても10を超える箇所が断続的にあります。

因みに、
「鹿児島県照葉樹の森サイクルジャンボリー」
のデータは、

距離
27.3km
( 上り:15.1km / 下り:6km )
最大標高差
682m
平均斜度
全体:2.4%
上り:6.1%
下り:5.1%
獲得標高
上り:925m
下り:306m

となっています。
上りの平均斜度は6.1で、獲得標高は925m。
上には上があるものですね(笑)

中央線を攻略できないようでは、
サイクルジャンボリーなんて、

とてもとても!!

ということですね。
中央線、
初秋にでもチャレンジしたいです。

それにしても、
ヒルクライマーにはステキな場所かと思います、
南隅(なんぐう、大隅半島の南部)は。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

青空が恋しい!−その2−

100425b

             (2010.4.25)


昨日は避難勧告が出るほどの大雨だったらしいです。
避難勧告は垂水市牛根や重富の辺りですが。

平成5年8月豪雨の際の、
竜ヶ水駅(重富駅の隣の駅)での乗員乗客脱出劇はご存知の方も多いかもしれません。

晴れた日にバイクで走るときは感じませんが、
車であっても大雨の日には不安になる箇所があります。

錦江湾は、
2万5千年ほど前の姶良大噴火によって、
現在のような姿が形成されたといわれています。

そのため錦江湾に面した一部の地域では、
海から大地へと急峻な地形となっています。

垂水市牛根の大橋は、
大雨のたびに通行止めになる事情から架橋されたものです。


100603e


しかしながら、
地理的に牛根地区住民への避難勧告もむべなるかな、
と言えます。

かつては海岸沿いの山肌を大隅線が走っていたわけですが、
よくよく見ると(旧線跡が残っています)、
とても危なっかしい場所に敷かれていたんだな、
と実感します。

ともあれ、
災害の発生しないことを祈るのみです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ


いつかバイクでここを走りたいものです。
        ↓

100603f


それにしても、
私の錦江湾一周は一体いつになることやら...

桜島の爆発回数が、
6月にして、
昨年の記録を超えたそうです。

青空が恋しい!−その1−

小雨が降っています。

小雨はまだマシな方で、
昨日の早朝は大雨が降り注ぎ、雷鳴が轟いていました。

昼前に肝属川にかかる橋を通ったところ、
河川敷の「肝属川河畔自転車道」(*)は、はるか水面下にありました。
台風並みの雨量でした!

*「一般県道東串良吾平自転車道線」が正式名称です。
  さすがお役所仕事、冴えない名称です。

梅雨の間、鬱陶しい天気が続きますので、
気分転換に、(なればいいですが)
撮り貯めた写真から気分のいい(?)ものでもアップして行こうと思います。


100425a
     2010.4.25 題して、「アザミと自転車」


カラオケに行くと、
ごくたまに「あざみの歌」など唄っています。

私の生まれる「遥か前に(?)」作られたものです。

二木紘三のうた物語 あざみの歌
(サウンドが流れます)

あざみの歌 由来

などによりますと、
戦後の昭和20年、復員してきた当時18歳の故横井弘氏が作詞したものだそうです。
理想の女性像をダブらせて。






アザミの葉っぱって、
踏むと「ムズ痒い」んですよね。

レンゲ畑(田圃)を裸足で走り回っていた頃の、
そういう感触が、

足裏にいまだに残っています。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

月と星と紫陽花と。

昨日の写真編です。笑)


20100616route


自転車用品、

これまで大物はネットで、
小物は往復2時間かけて鹿児島市まで買いに行っていました。

というのは、
大隅半島のこの辺にはスポーツ・サイクル専門店が無かったからです。

と、そう信じ込んでいました。

ところが、
梅雨で出られないためフラフラ検索していたところ、
車で10数分のところにある専門ショップに辿り着きました。

店舗名は「フロッグサイクル」
じゃあ、
ということで早速訪ねてみました。


100616a


ご覧のとおり、
休業してました。

帰ってからフロッグさんのブログ;ふろっぐさいくるをチェックしたところ、
ちゃんと休業の案内が出てました。
次回はちゃんと調べていこうと思います。

いろいろ助けていただけそうです。

今回は、フロッグサイクルを経て、
いつもと違うコースで錦江湾に出ることにしました。


100616b


この辺(大姶良地区?)は普通作のようで、
田植えが進行中でした。

肝付町では早期米のため、
1ヶ月半後には稲刈りがなされます。

同じ大隅半島でもこんなに違っているんですね。

なお、写真の前方に向かって緩やかな棚田が形成されており、
この田圃が最高点になります。

峠(?)
を登り切ったところで、
横尾岳への分岐点があります。


100616c


ここから横尾岳(426m)と陣ノ丘(482m)を経て、
大隅広域公園まで行けるようです。


100616d


同公園は「吾平山陵」のすぐ近くから肝付町の「大窪」近くまで広がる広大な公園です。

まあ、
MTBならいざ知らず、
ロードで縦走するのは無理っぽいですね。

稲尾岳入り口まではバスでアクセスできます。
本数は少ないと思いますが。


100616e


見事な杉林が形成されていました。

峠(標高71m)から、錦江湾に面した浜田まで一気に駆け下ります。
紫陽花が咲いていたのでバックして撮影しました。


100616f


逆光ではいい色が出ませんね〜

背景に写っていた紫陽花。
実物はもっといい色をしていました。


100616f2


ちょっと横道へそれて1ショット。
水田の鮮やかな緑がきれいです。


100616g


先ほどの棚田とそれほど離れているわけではありませんが、
この辺の稲作は早期のようです。

日照時間の関係かもしれませんね。


100616h


安価な初心者用バイクもこんなふうに切り取ると、
結構サマに見えます。

ズームアップすると、
遠方の丘に「塔」が見えますが、


100616i


この塔は「かのやばら園」の展望台です、確か。

そう、前方の丘は、
広大な「ばら園」そのものです。

毎年4月末から5月連休まで「ばら祭り」が開催されますが、
今年は「口蹄疫」の関係で中止になりました。

口蹄疫、早く収まるといいのですが。


100616j



別に食べに寄ったわけではありませんが、
「かもめ食堂」
の文字に惹かれて撮りました。

小林聡美主演の2006年の映画、
「かもめ食堂」、
ゆったりした時間が流れるイイ映画でした。


100616k


浜田海岸にて。
(正確には、浜田地区における高須海岸、ということになると思います)

ウインド・サーフィン。
一度はやってみたいですね。

前にもブログに書きましたが、

同じようなピチピチのウェアを着ているにも拘らず、
サーファーはカッコいいのに、サイクリストはパッとしないような。

何故でしょうかね? 笑)

母と子。  (多分)


100616k2


デジタルズームを用いたので画像はよくないですが、
雰囲気は結構マシなような気がします。

逆光ではバイクがつぶれてしまいます。


100616l


ストロボを強制発光させても、
GNの小さなコンデジ、
(一応、防水・防塵・耐衝撃です)
ほとんど効果はありません。

あと、太陽のヌケがよくありません。
口径の小さなレンズ、しかもズームなので仕方のないことですが。


100616l2


いつもの高須海岸(の高須地域)が見えています。
右側奥です。

再び肝属平野に進みますと、
前方(東)には青空が広がっていました。


100616m


後方の山並は肝付町に横たわる国見山系です。

旧吾平町に入ったところで、
これまた田植えの最中でした。

この地域はいつも普通作です。

以前は横一列に並んで苗を植えていましたが、
   (中学生ぐらいまではよく駆り出されたものです)
現在は田植え機が発達していて、あっという間に終ってしまいます。

シルエットになった田植え機をご確認いただけるでしょうか?


100616n


いよいよ日没です。
陽が落ちるまでしばらく眺めていました。


100616o


遠くに見える山並みは高隈山系です。
MTBで縦走できるというハナシもありますが、さて?

ここらで帰途に就こうかとも考えましたが、

梅雨の合い間、

次はいつ走れるのかわからないので、
柏原海岸までバイクを進めることにしました。

見上げると空には三日月が!


100616p
     (ちょっと明るめに処理してあります。)


この時間帯から刻々と光の状態が変化していきます。

お気に入りの時間帯なので、
バイクが全然進まなくなります。笑)

柏原海岸にほど近い辺り、
肝属川河口付近で堤防上を走り去る「モノ」が。

「カニ」です。


100616q


バイクが近づくと一斉に草叢に逃げていきます。
ただ、コイツだけは好奇心旺盛なのか、道端でじっとしていました。

暗くて流石にノーストロボでは取れないので思い切り使用しましたが、
何回やっても逃げませんでした。

目が眩んだのかもしれませんが、
それにしても神経の図太いヤツです!

相変わらず、三日月です。


100616r


薄暮の空と月と水銀灯。

なんかイイ感じに写ってくれました。


100616s


有明橋に着いて志布志湾に望むとご覧のとおり、

権現山が威厳を湛えていました。
一反木綿が現れそうな雰囲気です。


100616t


月と金星と自転車と。

宵の明星「金星」が三日月の右下で輝いています。


100616u


ズームアップした月と金星です。


100616v


ここから事務所まで20分程度で戻れますが、
その間、前方に月と金星を眺め眺めペダルをこぎ続けました。


なかなか滅多に味わえないライドになりました。


20100616log


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

走ってきました!

今日は梅雨の合い間の好天となりました。
なので、
仕事をほったらかしにして走ってきました。


100616


14時ぐらいに出て、
根占港まで往復しようと考えていましたが、

よし出発だ!

と、
出かけようとした途端に来客が!

結局、16時過ぎに走り始め、
戻ったのは20時過ぎと相成りました。

【本日の走行記録】
16:10〜20:21
走行時間:2時間52分
(撮影で1時間以上休憩していたことになります)
走行距離:62.03 km
走行速度:Av.:21.62 km/h Max.:49.55 km/h
ケイデンス :Av.:80rpm     Max.:105
 (今日はマトモでした) 
心拍数  :Av.:140rpm     Max.:172
 (こちらもマトモでした)
気温    :最高35.3℃     平均22.8 ℃
 (最高、本当かな?)
消費cal:1,582kcal


20100610log


写真は144ショット撮って来ましたが、
数日内にアップということでよろしく!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

知ってました!? 「鹿児島県照葉樹の森サイクルジャンボリー」

ようやく時間が取れるようになったというのに、
雨で走れないので、
ネット上をあちこち歩いていました。

すると、
こんなロードレースの存在にぶち当たりました。

第2回鹿児島県照葉樹の森サイクルジャンボリー

今年は2回目で、5月に開催のはずが「口蹄疫」の関係で中止になったそうです。





距離
27.3km
( 上り:15.1km / 下り:6km )
最大標高差
682m
平均斜度
全体:2.4%
上り:6.1%
下り:5.1%
獲得標高
上り:925m
下り:306m


だそうです。
しかも純然たる「レース」!!


実施種目
ヒルクライムレース(登坂を中心としたロードレース
A コ-ス:約 27km【田代 1 周(16km)+照葉樹の森管理事務所付近(11km)】
制限時間/2 時間 30 分(B 先頭に抜かれた場合は B で終了)
B コ-ス:約 20km【田代 1 周(16km)+登坂コ-ス(4.0km)】 制限時間/2 時間

競技方法
(1)(財)日本自転車競技連盟競技規則及び本大会特別ルールによります。
(2)各カテゴリー毎のヒルクライムレース(登坂ロードレース)です。
スタートは、Aコースが先でBコ-スは10分後にスタートします。フィニッシュ地点到着順に上位とし、順位を決定します。



> B 先頭に抜かれた場合は B で終了

わぉ! キツそうです!
私には無理っぽいなぁ...
でも、
kentさんあたりはスイスイ行っちゃうのではないでしょうかね〜

第1回の様子は「いなっち」さんの「いなっち日記」が詳しいです。


第1回鹿児島県照葉樹の森サイクルジャンボリー

第1回鹿児島県照葉樹の森サイクルジャンボリー(続き)


勝手にリンクしてますけどユルシテ下さいね!

それにしても「いなっち」さん、
3位とはすごいですね!!

どういう方なんだろう?


大根占 ふかみ会 さんの、
第1回鹿児島県照葉樹の森サイクルジャンボリー お知らせ
(2009年6月22日)によりますと、


鹿児島県で6年ぶり本格ヒルクライム

自転車のヒルクライムレース「第1回鹿児島県照葉樹の森サイクルジャンボリー」が7月12日、錦江町で開催される。

県内では霧島市の「霧島高原サイクルジャンボリー」が2003年を最後に廃止されて以来、本格的な登坂競走は開催されていない。

また、さつま町の「南日本サイクルフェスタ」が今年は休止になり唯一の県自転車競技連盟公式ロードレースとなる。



だということです。
継続されるといいですね。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

近場にGO!!

100610a


仕事が一段落したので、
昨日、15時過ぎから近場を走ってきました。


100610route


@trip

青い空に白い雲、
好きなパターンです。


100610b


「青と白で水色」という映画をご存知ですか?
宮崎あおいが出てました。

森田童子の唄を口ずさむシーンが印象的でした。
「たとえば僕が死んだら」
だったと思います。

青空と白い雲には似合いませんが。笑)


100610d


上は、
志布志湾の柏原海岸に面した「有明橋」です。
背景は権現山です。

西側は太陽が傾きかけていて、
こんな感じでした。


100610e


権現山のアップです。
頂上には鉄パイプ製の展望台があります。


100610f


展望台、
登るのに躊躇する方もいるかもしれません。

今日は遠乗りする気は最初からなかったので、
(仕事で身体が鈍っています)

権現山の麓の集落、
波見(はみ)地区にある「轟(とどろ)の滝」を訪問することにしました。


100610g


「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくる「一反木綿」は、
みょうちくりんな鹿児島弁でしゃべりますが、

何を隠そう、
(別に隠していませんが)
ここ肝付町(旧高山町)の出身なんです。

おそらくこの波見地区ではないかと私はふんでいるんですが、
どうでしょうかね?

轟の滝です。
(写真は滝の一部です。)


100610j


この滝の上流で現在灌漑用のダムが建設されています。
荒瀬ダムといいます。

畑の作り手がいないというのに、
まったくもって無駄な事業だと私などは考えていますが。

それはさておき、
滝の水量への影響が懸念されています。

農水省は影響は無いとしていたと思いますが、
どうですかね...


100610l


夏場はここで泳げます。
滑り台みたいな感じで上から滑ってこられます。
ちょっと危ないけど。

滝への入り口付近に、小さな祠があります。

私事ですが、
私の姉が子供を産んだときはここへ「お宮参り」に来ていました。

さっと一瞥しただけですが、
水神、山神様などが祭ってありました。


100610m


滝を後にして少し進むと、
ご覧のとおり紫陽花が咲き誇っていました。


100610n


個人宅のものだと思われます。
鹿児島は例年より梅雨入りが遅れています。
でも晴天もあと数日のようです。

実は、
山越えで本城地区へ行くつもりだったのですが、

サイコンの勾配が「11%」を示したところで断念しました。
ただでさえ坂は弱いというのに、
「11%」では萎えます。
サイコンで勾配がわかるのも良し悪しですね。笑)


20100610route2


おまけにチェーンが外れてしまって、
踏んだり蹴ったりでした。

ただ、上のマップを見る限り、
もうちょっと頑張れば登り切れたようで、
次回は踏ん張ってみたいと思います。

そうそう、
Google Mapの画像(衛星写真)、
肝付町辺りの解像度が格段によくなりました。

以前は何が何だか判らないものでした。


で、「花牟礼の池」。


100610o


農業用(灌漑)のため池です。
以前ご紹介した指宿市の「鏡池」に負けない美しさです。
写真で見る限り! 笑)

荒瀬ダムが完成したら役目を終えるのかな?
まあ、
使用され続けるでしょうね。

この花牟礼池の手前で、
「口蹄疫」のチェックポイントがありました。

「消毒液マット」を踏んで行こうと思いピットインしましたが、消毒液を散布するホースがあるだけでした。

バイクに掛けられたら困るな。

と一団の方々を見ながら進みましたが、
コメントなし。

そのまま通過しました。

鹿児島県との県境に位置する都城市でも新たに口蹄疫の患畜が発生したというのに、
さすが肝付町、
実にまあノンビリしたものです。

自治体によって防疫体制が異なっています。
南隅(大隅半島の南の方)の自治体の方がシビアなような気がします。

危機管理ってのは、
最悪の場合を想定して行うものなんですけどね...

花牟礼池から大地に上がったところで、
1ショット。


100610q


逆光もまたいいものです。

お次は、
肝付町から旧吾平町へ向かう路上で。

100610r


こういうのも好きですね〜
光と影が創るゲージツというかなんていうか。

天気がいいので高須海岸まで行こうかとも思いましたが、
勾配「11%」
でパワーを使いきった気がしたので、
(軟弱な脚です。)

今日は吾平山陵でお茶を濁すことにしました。


100610s


上は、
山稜へ向かう途中でのものです。

相変わらず空がきれいでした。

で、山稜入口です。


100610t


2回目のご紹介でしょうか?
久々に脚を向けたような気がします。

駐車場の横を流れる川には、鯉がこんなに沢山いました。


100610u


肝属川河畔CRで最後の1ショット。

昨日は、
本当に空がきれいでした。


100610v


60km弱しか走れませんでしたが、気持ちのいいライドとなりました。
適度な疲労感が残っていますが、
満足です。


昨日の走行記録】
15:05〜18:48
走行時間:2時間48分
走行距離:58.69 km
走行速度:Av.:20.96 km/h Max.:57.36 km/h
ケイデンス :Av.:79rpm     Max.:140
 (Maxは相変わらずおかしな数値です。) 
心拍数  :Av.:140rpm     Max.:180(正しいです)
気温    :最高32.7℃)     最低24.6 ℃
消費cal:1,535kcal


20100610log


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

ギャラリー
  • ツールドおおすみ 2017
  • ツールドおおすみ 2017
  • ツールドおおすみ 2017
  • ツールドおおすみ 2017
  • ツールドおおすみ 2017
  • ツールドおおすみ 2017
  • 1年半ぶり、なり!
  • 1年半ぶり、なり!
  • 1年半ぶり、なり!
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 紅葉狩り
  • 高速道路を走ろう!!
  • 高速道路を走ろう!!
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
  • 初めての輪行、青島−大堂津45kmポタ。 (その2)
MOON_PROJECT
Recent Comments
訪問者数

    livedoor プロフィール
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ