昨夜アップできなかった写真をご披露したいと思います。

デジカメではなくて携帯電話のカメラ、しかも旧式の2Mですので、
画質は非常に悪いです。
                            悪しからず。

下のマップ上、
折返地点(1)と折返地点(2)で撮ったものです。





今回は、鹿屋市街地を抜け、
旧野里駅から旧大隅高須駅へと一気に下りました。

歩いている方にお尋ねしたところ、

前回、
「ここらが旧高須駅」
と思った辺りは間違っていて、
その先のトンネルを通り抜けたあたりに旧高須駅はあったそうです。

そこには特に記念碑もなく、町民会館が建っていました。


090913a


元国鉄マンとしては少々淋しさを覚えないでもないでした。

旧高須駅とトンネルの中間ぐらいの地点です。
こちら側も立派な案内板(?)が設置されていました。


090913b


着いて10分ぐらいしてですので、
事務所から大体1時間ほどで着たようです。
走行距離は22km強だったと思います。

で、トンネルはというと、


090913c


こんな感じで中はけっこう暗めです。

付近の方と話をしていたら、
夏場は悪ガキ共のたまり場になったりして、いろいろあるようです。
避妊具が落ちていたとか、
女の子が上半身裸で・・・・・・悪ガキどもに・・・・・・されていたから、
警察に通報したところ、
その翌日には車のタイヤをズタズタに引き裂かれたとか...

道路管理者は鹿屋市役所かと思いますが、
中にメチャ明るい防犯灯を3基ぐらい設置したほうがいいですね。

事が起きてからでは遅きに失するんですけど。


090913d


そうそう、前回、
トンネル前の路上にコンテナみたいなものが2基置かれていて通行を妨げている、
と書きましたが、
きれいサッパリ片付けられていました。

このブログは鹿屋市役所の方にも読まれているので、
もしかすると、そのせいなのかな?
まあ、ともあれ、障害物が除去されてよかったです。


090913e


ここを出て間もないところにコンテナらしきものが置いてありました。

照明の下にバイクがありますが、わかりにくいですね。
さすが携帯のカメラ、
こういう場面ではほとんど使い物になりません。
最近のはどうだか知りませんが。

さて、曇り空だったため、

開聞岳は見えないだろう、

とデジカメを置いていったのに、ちゃんと見えてました。


090913f


時刻は17時6分前、
けっこう暗くなっていました。


090913g


ここから坂を登っていきますが、
思ったより楽で、シッティングのまま登り切きれました。
前回の「まさかり峠」に比べたら、
チョチョイのちょい!
という感じでした。

今後は帰りを心配せずに心置きなく錦江湾に臨めます。

途中、
高隈山系を越えて、桜島の灰が飛んでくる様が見えました。
風向きから、
どうやら曽於方面へ飛んでいくように思えたので、
予定通り、柏原海岸を目指すことにしました。


090913h


折返地点(2)の、
志布志湾に面した柏原海岸近くの有明橋に着いたときには、
今まさに太陽が沈むところでした。


090913j


欄干に鳥が止まっているのがお分かりになるでしょうか!
なかなかこういうシーンは撮れません。
やはりデジカメを持っていくべきでした。

こちらが反対側。
河口の先は志布志湾です。


090913i


いい色合いです。
別に画像をいじっている訳ではありません。
(いずれもクリックすると写真が拡大されます。)

サイレント・ブルーというのは、
明け方の、このような色合いの空のことをいいますが、

別に、夕刻の空でもいいんじゃないか!?

と思えるような雰囲気でした。

サイレント・ブルー、
夏川結衣がヒロインを演じた映画、

「夜がまた来る」

でラストを飾っていました。
どうでもいいですけど。

お決まり(?)の記念写真です。


090913k


本当はもっと暗かったんですけど、
ほのかに明るい、そういう程度の明るさでしたが、

携帯カメラではこういうふうに表現されます。


こちらも同様です。


090913l


輝く水面を背景にバイクのシルエットが浮かぶよう、
橋梁上で場所を調整しました。

途中で2台ほど車が通過しましたが、
真っ暗闇の中に、
ヘッドライトの向こうに、橋の真ん中に突然変わった格好の人間が現れて、
ドライバーも一瞬驚いたのではないかと思います。

写真を撮るのも命がけです(笑)


最後の1枚。
自転車は入れてません。

キレイだったから撮った、それだけのことですが、
2Mの携帯でもここまで撮れるとは、
少々感激ものです。


090913m


次回は、いつになりますかね。
今週はけっこう忙しくなりそうです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ