なんだか気の抜けたビールみたいになってしまいましたが、
「写真は後日」
とか書いたので、一応念のため。
(何が「念のため」なんだろう? 書いてる本人にも意味不明(笑))

コースを再度表示しますと、
(この間のは画像、今回のはリンクです。)





大隅線跡を辿る鹿屋市のフィットネスパースですが、
旧野里駅から旧高須駅へ下るルートは、
木漏れ日の中を快適に走ることができます。

途中に数本、キロポストが残っています。


090921kilopost


廃線から20年以上経ったにもかかわらず、
よくぞ風雪に耐えてくれた!!
と、褒めてやりたいぐらいです。
雪は降りませんけどね。

で、
走行距離等はこちら。

走行距離;79.10km
走行時間;3時間39分49秒
平均速度;21.6km/h
最高速度;55.1km/h
消費cal ;2244kcal

マップ上で、ルートの最南端が旧大根占町と旧根占町との境付近です。

お約束の記念写真!


090921orikaeshi3


開聞岳、
いいですよね!
1回だけ登ったことがあります、確か24,5年前に。

トイカメラ風に仕上げてみました。


090921kaimondake


単にコントラストを付けただけですけど、
きれいな写真に慣れている目には、
ちょっとばかりゲージツっぽくって新鮮に見えます。

で、事務所からちょうど30kmのここでUターンしたわけですが、
少し行くと、旧大根占町の海水浴場があります。
鹿児島の砂浜はだいたいがグレーっぽい色をしていますが、
ここは割りと白っぽいきれいな砂浜です。

そこら辺で撮ったのがこれ。
モロ逆光です。


090921oonejime


コンデジの場合、
リバーサルフィルムみたいなところがあって、
明暗差の激しい被写体を写すのには苦労させられます。

明るい方に合わせるか、
はたまた、暗い方に合わせるか?
いつも悩まされます。

鹿屋市と旧大根占町の境付近にはちょいハードな坂があります。
北上する道と南下する道とに分れている箇所です。

鹿屋方面からキツイ思いをしたので、帰りに坂道のテッペン辺りにあるバス停をチェックしたところ、
その名もズバリ、
「峠」。

きつい筈です。
峠付近には観望所があって、写真をパチリ!

まずは、やはり開聞岳。


090921d


どこから見ても容姿端麗です。

こちらは、
南国を感じさせるハイビスカス。


090921e


お次はセルフポートレート。
写真を撮られることが嫌いな私が、
このところ結構な頻度でシャッターを押しています。


090921f


自転車のなせる業、でしょうか?
ここではまだ余裕がありました。

しかし、
高須海岸の手前から「ばら公園」への上り坂に進んだ途端、
泥炭の苦しみ
を味わう羽目になりました。

キツイ、きつ過ぎる登りです。

1/3程度でコーサンです。
そこから延々と歩くことになりました。

「ツール・ド・おおすみ」ではこの坂を登るはずですけど、
みなさん、自転車で登りきっているんでしょうかね?

090921g


この看板が見えたときには、心底ほっとしました。

「かのやばら園」が正確な名称のようです。
以前は、ただの「霧島ヶ丘公園」だったため、つい間違えてしまいます。

バラの本数は西日本一だということです。
バラも好きな私は、毎年、年間パスポートを購入していますが、
これまであまり行く機会がありませんでした。

いつもの「大隅半島横断」コースから目と鼻の先にあるので、
今後はシーズンにはちょくちょく行けそうです。

・ジャージ姿であること。
・ロードをどこに置くか。

という問題点が解決できればのハナシですけどね。

登りも大変だけど下りるのも大変です。
結構な急勾配なのでブレーキから指を離せませんでした。
カーブもきついですしね。

肝付町に着いた頃には空はこんな感じでした。


090921h


このまま帰るのではなくて、
堤防上を、さらにバイクを進めました。


途中、橋の麓で月をバックにバイクを撮れないかといろいろトライしてみましたが、
やはり難しかったです。
スローシンクロしても光量を調整できないのでちゃんとしたものが撮れません。

結局、ノーストロボで撮ったのが一番マシでした。


090921m


何がナンダカわからないでしょうね。
一応クリックしてご覧いただければ...

この時期、夜道は快適ですね、涼しくて。
つい、シャカリキに飛ばしてしまいます。

9/21写真編はこの辺にして、次は9/24編に行きたいと思います。

ではまた。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ


おまけ。

090921i

                         私の好きな色です。