今日もいい天気でしたが、
みなさん方々へお出かけなんでしょうね。

事務所で月末の追込みに従事していました。
でも、
窓越しの堤防に、
たまらなくなって、
30分だけですが、11km強走ってきました。

痩せるためには1日に30分だけでも効果があるそうです。

さて、私の場合、
ftkentさんのように早起きができません。
ですので、平日は勢い夕方になってしまいます。
夜景が多いのはそのためです。

現在、ライトは、前にもご紹介したEL-530を使っています。
これですね。

      ↓

530L_645


結構明るいのですが、
これでは不十分なような気がします。

堤防上を走るのですが、
街灯の類は全然ありません。

おまけに、
たまに車が走行したりします。

堤防上は、緊急車両しか通れないことになっているのですが、
ここらは、
そんな警告などどこ吹く風で無視されます。

バイクはたまに走ったりしますが、
自転車は滅多に、というか全然走っているのを見たことがありません。

鹿屋市方面へ行くと、夕方でも見かけますが、
肝付町内の堤防の場合、皆無です。

見慣れない自転車にドライバーも驚くでしょうが、
中には、軽トラの「じいじ」もいて、
これが非常に危険を感じます。

視野に入ってるけど気づかない、
自転車だと認識できない、
という可能性が大いにあるのです。

いつだったか、肝付町中心部の交差点で、
軽トラ同士が、
  「2回」も
ぶつかった現場に居合わせたことがあります。

1度出会い頭にぶつかって、離れた後、両者ともそのまま進み、
再度ぶつけた、
という信じられないような光景に出くわしたのです。

この間も、車に乗っていたのですが、
私がいつも走行している堤防から左右を見ないでいきなり飛び出してきた軽トラがいました。
急ブレーキと急ハンドルで回避しましたけどね。

だから、非常に堤防上を走るときは恐怖を覚えます。


前置きが長くなりました。(笑)

そんなわけで少しでも早く相手に確認できるように、ライトを道路とほぼ平行に向ける必要があります。

すると、足元が確認しづらくなります。
すなわち、足元専用のライトが必要になるというわけです。

以前、ftkentさんに、
ライトの件で質問させていただいたときに、
前輪のハブにねじ込む「モノ」があって、そこにライトを付けているということをお聞きしました。

そこで、先般、ネットでいろいろ調べて購入に至りました。
これらです。

      ↓

090925


EL-135(1330円)とハブ・ランプ・ホルダー(1000円)です。


組み立てたEL-135。
  
      ↓

090925EL135


ハブ・ランプ・ホルダー。

      ↓

090925holder2


ハブ・ランプ・ホルダーを分解したところ。
組み合わせにより、M9のハブ軸径とM5のクイックシャフトに合うようになっています。

      ↓

090925holder


まずは、クイックレバーを緩めて、


090925hub


アジャストナットとタケノコバネを外します。


090925spring


別メーカーのホルダーの場合、
タケノコバネは再度取り付けるようになっていますが、
(ネット上でマニュアルを見ました)
このホルダーの場合は「保管するように」と記してありました。

で、ナットの代わりにホルダーをつけたところ。

      ↓

090925hub+holder


届く前は、短いのではないかと不安でしたが、
取り付けてしまうと、けっこうデカく見えました。

EL-135を装着しますとこんな感じになりました。

      ↓

090925lightb


向きを変えてもう1枚。

      ↓

090925light


けっこうカッコいいですね!
ベロはまだ切っていません。
仮止めですし、通常は外しておく予定ですので。

まあ、
これで少しは危険を回避できるでしょう!?
(できるといいのですが。)

あと、テールライト。
現在、100円ショップのものをつけてますが、ちゃんとしたものを注文してあります。

これです。

      ↓

CATEYE ハイパワースリム
 CATEYE ハイパワー&スリム TL-LD610-R

後方も怖いですからね。


さて、
皆さんの本日の日記が楽しみです。

私といえば、
残るは3日、
死ぬ思いをしなければならないようです...


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ