え〜、昨日のヒルクライムで少々バテたので、今日はおとなしく仕事をしてました。

もっとも、
洗濯物を取り入れに帰った際に、軽く18kmほど流してきました。


昨日の高低差740mに懲りたにもかかわらず、

じゃあ、旧「ツール・ド・おおすみ」のコースはどんな感じだろう?

とALPSLABでコースを作ってみました。
すると、意外なことに、
高低差は476mと出ました。


oosumi


もっと高低差があると思っていただけに拍子抜けです。
でも、
現実に走ればキツイ思いをすると思われます。

車で走行したことがありますが、
例えば、旧大根占町の交差点から旧田代町へ登っていく箇所など、
結構な勾配でしたから。

それにしても、
現在の、
佐多岬まで往復するだけの「ツール・ド・おおすみ」に比べれば、
魅力的なコースに思えます。

なぜ変更になったんでしょうかね?
田代から岸良へのダウンヒルが危険すぎたとか?

いずれにせよ、
近いうちにチャレンジしようと思います。

なお、ルートの作成に際しては、
次のブログ等を参考にさせていただきました。

CYCLE SPORTS jp の、
第3回 ツール・ド・おおすみ 

3D心拍GPSアスリート さんの、
ツール・ド・おおすみ120kmコース:鹿屋航空基地の滑走路を皮切りに大隅半島を駆けめぐる!


ところで、昨夜のコンテンツにDeepBlueさんからコメントをいただいた、
高山−岸良のコースも作成してみました。


koyama-kisira


高低差は514mと出ています。
でも緩やかに登っていくようなので割りと楽かもしれません。

ただ、路面の状態がロード向きではないような気がします。
ほとんど補修がなされてなかったような...

上の2つのコース、
堤防を走るわけではないので、実に簡単に作成できました。

利用させてもらっているのにナンですが、
ALPSLAB、
堤防上の細い道路なんてほとんど認識してくれませんからね。

でも感謝してます。
便利な世の中になったものだと。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ