さて、今夜でお終いでしょうかね?

昨夜のCyclinkで確認したら、
私のスタートは8:48となってました。

それで思い出しました。
8:30出走の予定が8:40ぐらいに遅れたのを。
それでも私の出発まで8分もかかっています。
いかに混んでいたか、ということがわかります。

さて、
復路は昼食会場を何時に出発したかといいますと、


Cyc091129b


12:26だったようです。
帰りも心拍数が140から180辺りで変動しています。
ところでこのグラフ、おかしいです。

といいますか、
途中で記録されてません。
最初と最後のばら園への登りだけが記録されているようです。

あんまりのんびり休みすぎて、記録が途切れてしまったのに気づかず、
そのまま走ってしまったようです。

実は、
「のんびり休んだ」
という表現は正しくありません。
ftkentさんと話し込んでいたのです。

復路のスタート時には、ftkentさんに一緒に走ってもらえることになり、
2人してほぼ最後に走り出しました。

ただ、2人で走ったのはほんの僅かの距離、
あっという間にftkentさんの姿は見えなくなりました、

毎回!


091129s


この先のカーブの辺りで斜め後から撮ろうと思っていましたが、
あっという間に離されてしまい、私がカーブに到達したときには姿は既に見えませんでした。笑)

毎回というのは、
先に行ったftkentさんが私がやって来るのを待っていてくれたからです。
確か、5回ぐらい。

走り出すと同時にftkentさんとの距離が開いていきます。
30〜35km/h程度で追いかけても、です。

自分のペースなんか無視して全力でペダルを漕ぐんですが、効果なし!

もういないだろう。

と半分諦めて走っていくと、
信号のあるところとか、ちょっとした箇所でftkentさんがにこやかな笑い顔で出迎えてくれる、
その繰り返しでした。

なんだかもう、申し訳ないやら情けなくて、

「どうぞ先へ行ってください」

とお願いしたんですけどね。
私がftkentさんだったら、

「遅いね!」
とか、
「ペダル、ちゃんと漕いでいる!?」
なんて、

皮肉の一つや二つは絶対に言ってますが、
全然そんなことは無くて、
本当によく面倒をみていただきました。
多謝!!
です。

ところで、ftkentさん、
ばら園を出発時に私を探して最後尾でスタートされたのですが、
田尻海水浴場には、

「一番乗り」

だったそうです。
あの、私に言わせれば、急峻な登り坂を、

なんと、
アウター&ローで、
40km/hで登られたそうです。
信じられない走りっぷりです!!

でも、復路で私はこの目で見てしまいました。
あの登り坂を、
スイスイ
と他のローディの横を追い抜いていく姿を。

ftkentさんの待っている所へ私がどうにかたどり着くと、
そこで自転車談義が始まります。

すると、
下り坂はもちろんのこと登り坂でも必死に追い抜いた方々が、
追い越していきます。

伊座敷から根占に向かってトンネル(みたいな防護壁)が続きますが、
あの辺は巡航速度39km/hで走り抜けました、
この私がですよ。

抜くことはあっても抜かれることはほとんどなかったと思います。
それでもftkentさんの姿を確認することができない!
てなわけで、
最後の補給所はゼッケンナンバーを申告しただけで素通りでした。

まあ、そういう無理がたたって、
肝属医師会病院前の信号で捻挫してしまいました。
注意力不足です!

停止する際にギアを軽くしたにも拘らず、実際はチェンジされたなかったんですね。
信号が青になり踏み込んだ途端に、
「ガガッ」とクランクが空回りし、やっちゃいました。

音の大きさに、後にいた方が「オオッ!」と叫ばれたぐらいですから。笑)
恥ずかしかったです!!

それから数百m走り続けましたが、足首の痛さに休むことにしました。
そんなわけで大幅に時間を浪費したので、

さすがにもう帰られただろう。

と足を庇いながらばら園への三叉路に近づいたら、
なんと、
またまた、にこやかなftkentさんの顔が。

そこでまた自転車談義、たぶん20分ぐらい。
そこで別れたのですが、
(ftkentさんは垂水フェリーで戻られたということです)

彼の最後の一言;

走り足りない!

絶句!!でした。

さすが、
鹿児島から陸周りで来られ、大隅半島を真の意味で一周し、志布志を経てまた陸周りで帰られただけのことはあります。
確か350kmぐらいだったと覚えていますが。

このTDOを完走したら私も大隅半島を一周しようと思っていましたが、止めました。

確か60kmを6時間かけて走った箇所があったとか。
ftkentさんでもそんなにかかるのであれば、
無理ってもんでしょう、私なんかには。

いやあ、今回はftkentさんの健脚ぶりをまざまざと見せていただきました。
いつもはタラタラ自分のペースで走っていた私ですが、
ftkentさんを追って復路の全区間を全力で走ることができました。

ただ、
ばら園への登り坂、
登り切るエネルギーがもはや残っていませんでした。
あの心拍数では、
グリコーゲンなんて使い切っていたと思います。

そう最後の登りで歩いていたのは私です。
足首に痛みが残っていたとはいえ、
                     恥!!!

ALL SPORTS の写真によると、
ゴールは15:25。

54歳にして、
この9月から本格的に始めた割には、
まあまあの出来だったと誉めておきます、誰も言ってくれないので。笑)

【復路の走行記録】
走行距離:56.43km
走行時間:2時間37分52秒
平均速度:21.4km/h
最高速度:54.5km/h
11月の累計走行距離:649.19km

最後に、
登り坂で併走して声をかけて頂いた中島選手や、先導していただいた鹿屋体育大学の皆様、並びにスタッフやボランティアの皆様に心からの感謝の念を表したいと思います。

どうも有り難うございました。

もう一つありました。笑)
沿道では地元の皆様が応援してくださっていましたが、
私の勘違いかもしれませんが、
ローディの皆さんはあまりその声に応えてなかったような...

TDFみたいな時間を争う競技ではないわけですから、声援に応える余裕ぐらいあってもいいのではないかと思いました。

思うだけでなく、
不肖「風を感じて」、
ほとんどの箇所で行きも帰りも手を振り、声を出しました。
ftkentさんもそうだったようです。
私が質問したところ、そういう返事が返ってきました。

帰りには、
横断歩道に立っている方にもほとんどすべて、
「有難うございました」
と声をかけて来ました。

まあ、こういうことも大事なんじゃないかと思うわけですが、
どうなんでしょうかね?


091129r

        (走行中のセルフポートレートです)

明日は、
垂水市の千本銀杏を見に行く予定ですが、
起きれるかな...



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ