昨日の写真編です。笑)


20100616route


自転車用品、

これまで大物はネットで、
小物は往復2時間かけて鹿児島市まで買いに行っていました。

というのは、
大隅半島のこの辺にはスポーツ・サイクル専門店が無かったからです。

と、そう信じ込んでいました。

ところが、
梅雨で出られないためフラフラ検索していたところ、
車で10数分のところにある専門ショップに辿り着きました。

店舗名は「フロッグサイクル」
じゃあ、
ということで早速訪ねてみました。


100616a


ご覧のとおり、
休業してました。

帰ってからフロッグさんのブログ;ふろっぐさいくるをチェックしたところ、
ちゃんと休業の案内が出てました。
次回はちゃんと調べていこうと思います。

いろいろ助けていただけそうです。

今回は、フロッグサイクルを経て、
いつもと違うコースで錦江湾に出ることにしました。


100616b


この辺(大姶良地区?)は普通作のようで、
田植えが進行中でした。

肝付町では早期米のため、
1ヶ月半後には稲刈りがなされます。

同じ大隅半島でもこんなに違っているんですね。

なお、写真の前方に向かって緩やかな棚田が形成されており、
この田圃が最高点になります。

峠(?)
を登り切ったところで、
横尾岳への分岐点があります。


100616c


ここから横尾岳(426m)と陣ノ丘(482m)を経て、
大隅広域公園まで行けるようです。


100616d


同公園は「吾平山陵」のすぐ近くから肝付町の「大窪」近くまで広がる広大な公園です。

まあ、
MTBならいざ知らず、
ロードで縦走するのは無理っぽいですね。

稲尾岳入り口まではバスでアクセスできます。
本数は少ないと思いますが。


100616e


見事な杉林が形成されていました。

峠(標高71m)から、錦江湾に面した浜田まで一気に駆け下ります。
紫陽花が咲いていたのでバックして撮影しました。


100616f


逆光ではいい色が出ませんね〜

背景に写っていた紫陽花。
実物はもっといい色をしていました。


100616f2


ちょっと横道へそれて1ショット。
水田の鮮やかな緑がきれいです。


100616g


先ほどの棚田とそれほど離れているわけではありませんが、
この辺の稲作は早期のようです。

日照時間の関係かもしれませんね。


100616h


安価な初心者用バイクもこんなふうに切り取ると、
結構サマに見えます。

ズームアップすると、
遠方の丘に「塔」が見えますが、


100616i


この塔は「かのやばら園」の展望台です、確か。

そう、前方の丘は、
広大な「ばら園」そのものです。

毎年4月末から5月連休まで「ばら祭り」が開催されますが、
今年は「口蹄疫」の関係で中止になりました。

口蹄疫、早く収まるといいのですが。


100616j



別に食べに寄ったわけではありませんが、
「かもめ食堂」
の文字に惹かれて撮りました。

小林聡美主演の2006年の映画、
「かもめ食堂」、
ゆったりした時間が流れるイイ映画でした。


100616k


浜田海岸にて。
(正確には、浜田地区における高須海岸、ということになると思います)

ウインド・サーフィン。
一度はやってみたいですね。

前にもブログに書きましたが、

同じようなピチピチのウェアを着ているにも拘らず、
サーファーはカッコいいのに、サイクリストはパッとしないような。

何故でしょうかね? 笑)

母と子。  (多分)


100616k2


デジタルズームを用いたので画像はよくないですが、
雰囲気は結構マシなような気がします。

逆光ではバイクがつぶれてしまいます。


100616l


ストロボを強制発光させても、
GNの小さなコンデジ、
(一応、防水・防塵・耐衝撃です)
ほとんど効果はありません。

あと、太陽のヌケがよくありません。
口径の小さなレンズ、しかもズームなので仕方のないことですが。


100616l2


いつもの高須海岸(の高須地域)が見えています。
右側奥です。

再び肝属平野に進みますと、
前方(東)には青空が広がっていました。


100616m


後方の山並は肝付町に横たわる国見山系です。

旧吾平町に入ったところで、
これまた田植えの最中でした。

この地域はいつも普通作です。

以前は横一列に並んで苗を植えていましたが、
   (中学生ぐらいまではよく駆り出されたものです)
現在は田植え機が発達していて、あっという間に終ってしまいます。

シルエットになった田植え機をご確認いただけるでしょうか?


100616n


いよいよ日没です。
陽が落ちるまでしばらく眺めていました。


100616o


遠くに見える山並みは高隈山系です。
MTBで縦走できるというハナシもありますが、さて?

ここらで帰途に就こうかとも考えましたが、

梅雨の合い間、

次はいつ走れるのかわからないので、
柏原海岸までバイクを進めることにしました。

見上げると空には三日月が!


100616p
     (ちょっと明るめに処理してあります。)


この時間帯から刻々と光の状態が変化していきます。

お気に入りの時間帯なので、
バイクが全然進まなくなります。笑)

柏原海岸にほど近い辺り、
肝属川河口付近で堤防上を走り去る「モノ」が。

「カニ」です。


100616q


バイクが近づくと一斉に草叢に逃げていきます。
ただ、コイツだけは好奇心旺盛なのか、道端でじっとしていました。

暗くて流石にノーストロボでは取れないので思い切り使用しましたが、
何回やっても逃げませんでした。

目が眩んだのかもしれませんが、
それにしても神経の図太いヤツです!

相変わらず、三日月です。


100616r


薄暮の空と月と水銀灯。

なんかイイ感じに写ってくれました。


100616s


有明橋に着いて志布志湾に望むとご覧のとおり、

権現山が威厳を湛えていました。
一反木綿が現れそうな雰囲気です。


100616t


月と金星と自転車と。

宵の明星「金星」が三日月の右下で輝いています。


100616u


ズームアップした月と金星です。


100616v


ここから事務所まで20分程度で戻れますが、
その間、前方に月と金星を眺め眺めペダルをこぎ続けました。


なかなか滅多に味わえないライドになりました。


20100616log


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ