いや〜あ、お久しぶりです。
仕事に追われてバイクに乗る時間がありませんでした。

暑さに弱い! 
ってこともありますけど、

昨年5月末にバイクを購入後、
「毎週、乗る度に20kmずつ走行距離を増やす」
というおバカなことをやったため、7月、120kmの段階で膝を痛め、
結局、9月末まで2ヶ月間休養という羽目に陥った、
というニガ〜イ思い出が頭の隅に引っかかっていて、
ペダルから遠ざかっていたというのが実情です。

さて、
口蹄疫が一段落したことを受けてか、
本年度の「ツール・ド・おおすみ」の開催が決定されました。

ナント!!
2日間にわたっての開催です。

>第10回大会を記念して、「シンボルマーク」を公募いたします。

ということですから、
同趣旨で2日間になったのかもしれませんね。
以下は第10回ツール・ド・おおすみecoサイクリング大会からの引用ですが、わかりやすいようにレイアウトを変えてあります。

引用開始--------------------------------------------------------------
第10回ツール・ド・おおすみecoサイクリング大会

開催日時:平成22年11月27日・28日
開催場所:霧島ヶ丘公園
開催内容:

平成22年11月27日(土)
 
 ・大隅南回りコース(約100km)
  ※上級者向けのコース。
  ※体育大自転車競技部練習コース。
        
 ・10周年記念祝賀会(祝賀会費は参加料込みです)
       
平成22年11月28日(日)

 ・佐多岬コース「A」
    (本土最南端佐多岬へ向かって走る約110km)

 ・バンク体験コース「B」
    (自転車競技場のバンクを体験できるコース!約65km)

 ・ファミリーコース「C」
    (サイクリングロードと海岸線を優雅に満喫出来ます約30km)

申込み内容:平成22年9月15日より受付開始
    郵送・スポーツエントリー・旅行パック・サンフラワーパック受付予定
--------------------------------------------------------------引用終了


27日の「大隅南回りコース(約100km)」が新設されたコースですが、
思うに、
以前の「ツーツ・ド・おおすみ」コースではないかと推察されます。


「かごしまふぁんネットメール」(No.189)平成22年4月2日
の「かごしまの今 ◆第104回◆」に以下の記載があります。

引用開始--------------------------------------------------------------
 皆さんはドライブがお好きですか?今日は大隅地域のオススメのドライブ
コース「大隅半島南回りルート」を御紹介します。
 南回りルートには、錦江湾沿いを佐多岬まで行く佐多ルートと大根占から
国道448号で大隅半島を横断する田代・内之浦ルートの2つがあります。
--------------------------------------------------------------引用終了

そして、
「大隅半島南回りルート案内マップ」を作成しました!には、

>佐多ルートと田代・内之浦ルート

が示されています。
(マップから勝手に拝借しました。関係機関に於かれては、不都合な場合にはご連絡下さい。即刻、削除します。)


100818


ブルーのラインが佐多ルート、
レッドのラインが田代・内之浦ルート、となっています。

具体的にマップを見ると、


100818b


ご覧のとおり、
南回りルートは、ツール・ド・おおすみ「旧Aコース」とほぼ同じものです。

第3回ツール・ド・おおすみ サイクリング大会 Aコース
旧ルートが掲載されていますのでご覧下さい。
当時は、
海上自衛隊鹿屋基地の「滑走路」もコースに含まれていたのですね、
うらやましい!!

おそらくこのルートで間違いないかと思われます。
実はこのルート、昨年走っています。


旧「ツール・ド・おおすみ」110kmコース走破!(11/16)


100818d


ルートは、旧ALPSLABからインポートしたので今日の日付になっています。

因みに、昨年のAコースはこちら
といっても一部誤りがありますね。
大根占から田代に上がり、山間部を佐多まで走るようになっていますが、
実際は、
佐多伊座敷までは海岸沿いを走行することになります。


今年は参加しないつもりでしたが、
27日の「大隅南回りコース」には参加してみたいような気がします。

さて?


まずは、基礎トレから始めなければ!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ


追記(8/20)

マップに関し使用不可のコメントがありましたので精査しました。
旧ルートに関しては、
CYCLESPORTS.jpの免責事項・著作権に、

「CYCLESPORTS.jpには、各国の著作権法・条約により保護されている以下の著作物が含まれます。 文章、絵画、図面・写真・プログラム、編集著作物、データベースの著作物およびこれらの二次的著作物著作物について、株式会社八重洲出版、提携パートナー、取材記者、および広告主をはじめとする権利者に無断で複製、送信、放送、配付、貸与、翻訳、変造、翻案することは、著作権侵害となり、法的に罰せられるほか、損害賠償を請求されることがあります。」

とあり、
「配布」に抵触する虞があるためリンクするに留めました。

なお、
鹿児島県作成の「大隅半島南回りルート案内マップ」からの転載・引用に関しては、鹿児島県リンク・著作権の文言、

「鹿児島県ホームページに掲載されている個々の情報及び鹿児島県ホームページ全体については著作権の対象となっており,ともに著作権法により保護されています。
「私的使用のための複製」や「引用」など著作権法上認められた場合を除き,無断転載・改変等をすることはできません。」

の「「私的使用のための複製」や「引用」など」に該当すると解されるため、掲載を継続することにしました。