今日は昼から走るつもりでしたが、
今朝がた降った桜島の灰が風に乗って空中を舞っていて、気分が萎えました。
昨夜の雨の後、降ったみたいで、車にうっすらと積もっています。

さて、1日は、14時前から19時半ぐらいまで出てましたが、走行時間は3時間、
残りの2時間半のうち30分はパンク修理、あとは撮影タイムでした。

そのパンクですが、東の志布志湾を目指し、事務所を出て3kmも走らないうちに堤防上で発生。


201110011420
             14:20 チューブを取り替えたところ

前のルイガノは1年数か月で3000km以上走りましたが一度もパンクなし。
ところが今のバイク(タイヤはPRO3)になって、1年間で数百kmしか走ってないのにすでに2回目、
なんだかパンク運に悩まされそうです。

タイヤがリムに固く張り付いていて、なかなか外せず苦労しました。
まだまだ経験不足です。

あ、いつもこんな格好でタラタラ走っています。
気づいたら声をお掛け下さい!笑)
(柏原海岸のトイレで)


201110011459
                          (14:59)

柏原海岸の松林。
ここでUターンして西の錦江湾を目指します(大隅半島を横断)。


201110011502
                          (15:02)

空にはトンビ(?)が。


201110011503
                          (15:03)

肝属川河口の有明橋上で。
ここから約30km西に進むと錦江湾にたどり着きます。


201110011512
                           (15:12)

今回は堤防ではなく一般道を通って、途中で左折、
花牟礼池へと進みます。
一応、バイクも右側に小さく写っています。


201110011525
                          (15:25)

そして、水田用の溜め池、花牟礼池。


201110011529
 
                          (15:29)

こうして見るときれいですが、池畔にはゴミが結構たまっていたりしてます。

(例によって、全写真、クリックすると拡大画像を見ることができます。)

あと、ご覧の通り、ガードレールが汚さ過ぎます。
      

201110011530
                          (15:30)

旧高山町の南よりの山間部を抜けて、吾平山稜を目指します。


201110011556
                          (15:56)

並木は桜です。
で、吾平山稜への自転車道路、
国交省の肝属川河畔自転車道路の最終段階。


201110011611
                          (16:11)

自転車は進行方向とは逆。
橋とこの木を一緒に写すためにちょっと作りました。笑)
これぐらいなら許される範囲内かと。

facebookをやってますが、
他人のブログからDLしてきた写真を、
堂々と、しかも大量に、さも自分が撮ったようにアップしている人間がいます。
スパムID(なりすましID)の跋扈といい、日本のFBは現在とんでもない状況となっています。

このブログの写真はすべて私のオリジナルです、持って行かないでね!笑)
(欲しがられるほどのものではないですが、著作権は留保してます、あしからず)

山稜に到着、
車が2台停まってましたが、ほとんどガラ空き状態でした。


201110011615
                          (16:15)

暖かい鹿児島ですので、鮮やかな紅葉はなかなか見ることはできませんが、
それでも秋の気配が漂っていました。


201110011618
                          (16:18)

山稜を離れて、旧吾平町の中心部を抜け、
浜田海岸を目指します。

南小学校から稲尾岳入口への登り口付近までは左側に田圃、棚田が広がっています。
途中、稲刈りも終わり「掛け乾し」中のところもありましたが、
上って行くにしたがって刈入れを待つ稲穂が西日に輝いていました。

で、畦道に彼岸花、
曼珠沙華が植えられた、ひときわ目立つ田圃があります。
(昨年もここで写しました)


201110011702
                          (17:02)

バイクを田圃の土手まで下ろし、
寝転がって彼岸花を撮っていると、


201110011708


いきなり声をかけられました。
「そこで何してるんだ」みたいな。笑)
田圃の持ち主が車で通りかかり、私の姿が目に入ったというわけです。
まあ、写真を撮らしてもらってる、ということで事なきを得ました。

厚かましくも、球根が欲しい旨お話ししたら、
「そこのを持ってけ!」みたいなことに。

このあと茎が枯れ、葉っぱが出て光合成により養分を蓄えた頃になったら、
次の写真でも持って貰いに行こうと思います。 
名前は聞いてませんが、そこは田舎のこと、何とかたどり着けると思います。


201110011703higanbana
                          (17:03)

さて、彼岸花を後にし、
坂を上り稲尾岳入口に着く直前にドングリを拾いました。
2年前、野里へのフィットネスパースで、「ドングリ地雷原」と表したことを思い出しました。


201110011721a
                          (17:21)

で、ここで、何気なくGPSロガーを手に取ると、
稼動ランプが消えていたような?


201110011722


(実際、データが途切れていました)
そういえばずっと充電してなかった!

ここから一気に60数mを下り浜田海岸へ到着。
以前、小さな休憩(駐車)スポットができたことは書きましたが、
その近くの売店でソフトクリーム(200円)をゲット!


201110011734
                          (17:34)

よく冷えてなかったようで、写真でもすでに垂れてますが、
手がベチャベチャになったのには閉口しました。

さて、この日のメインエベント、日没タイムの始まりです。笑)
三日月(正確には四日月)が輝きだすまで、50分ぐらいここにへばり付いていました。

錦江湾に沈む太陽です。


201110011737
                          (17:37)

やがて雲に隠れて行きます。
飛行機雲がグングン伸びていました。


201110011743
                          (17:43)

雲間に見える太陽です。
朧月夜ならぬ朧太陽?


201110011744
                          (17:44)

ズームアップしたのがこちら。
              ↓

201110011745
                          (17:45)

なんだか一服の絵、という感じに思えませんか?
再度、姿を現した太陽、空が一気に色づいていきます。


201110011757
                          (17:57)

薩摩半島に沈む直前です。
発電用の風車が確認できます。


201110011800
                          (18:00)

沈んでもなお、空には輝きが残ります。


201110011804
                          (18:04)

やがて一条のうすい光が雲間を照らしました。
拡大しないとよく判らないかもしれません。


201110011814
                          (18:14)

で、最後に、
輝きを増した三日月と、夕闇に浮かぶ開聞岳。
(前回、アップした写真です。)


201110011820
                          (18:20)

この後すぐに帰途についたのですが、
ばら園への高台に辿り着き、後ろを振り返ったところ、三日月どころか空一面が雲に覆われていました。
いつもこのような日没を見ることができるわけではなく、この日はラッキーでした。

なお、やはり、ログは途切れてました。
しかも前回の分と一緒に取り込んでしまっていました。


WS000048


ピンクのラインは前回のものです。
まず右よりの「S」(スタート)から始まって、ブルーのラインを右(東)へ進み、柏原海岸でUターン、
吾平山稜付近でいったんログが停止。
ここでグリーンのラインで稲尾岳入口までワープ(笑)、
浜田海岸でUターンし鹿屋市中心部辺りでついに電池切れ、ということだったようです。

私には関係ない世界ですが明後日から三連休とのこと、
ライドを計画され、かつこのブログをご覧になってる方々のためにも晴れて欲しいものです。

ではまた

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ