「自転車にナンバー制を」 マナー向上狙い、都が条例検討へ

9/11の東京新聞の記事です。
細かいところはお読みいただくとして、

>森地座長は・・・「自転車を使って便利さを感じる人より、自転車から迷惑を受ける人の方が多い。・・・」と話した。

自転車に乗ったことのない方が(たぶんw)、思い込みでこんな妄言を吐かれては困ります!

ヒキタ氏によると、

>約1300万人が住む東京都の自転車台数は900万台以上。東京都の平均世帯人数は約2人(1.99人・2012年)だから、自転車というものは一世帯に一台以上は必ずある・・・
ということで、

>迷惑を受ける人の方が多い

なんてことにはならないはずなんですが。

因みに、ヒキタ氏は、9/12と9/13に政策研究大学院大学の森地教授へ質問メールを送ったそうですが、今のところ返信無し、とのこと。
なお、東京都の担当者は、

>「根拠というものはないと思いますよ、あくまで推測ですけど。私も聞いてびっくりしたんです」とのことだった。

そうです。
研究者たるもの、2ちゃんねるやFBじゃあるまいしw)、データなしに推量でものを喋ってもらっては困りますね!
フツーの人々はエライ先生が言った、ってことだけで鵜呑みにすることが多いのだから。

そもそも道交法上、自転車は車輌に分類され、車道を走行するのが原則、それを歩道を走ってもいいことにしたのがそもそものマチガイ!

ようやく警察庁がその事実に気づき、昨年末、一連の文書を発遣して車道走行を徹底しようとし、
さらに国交省が法令を改正して自転車レーンに法的根拠を付与しようとしているというのに、東京都のこの提言、
ピント外れも甚だしい限りです。

ナンバープレートやデポジット制度を実現しようとなると新たな団体が必要となるのはこれ必然、
新たな天下り先を確保しようとする魂胆があるんじゃないかと、疑ってみたりして。ww

道交法を守らずピストやその他の自転車を乗り回す連中にアタマが痛いのであれば、きっちり取り締まればいいだけのこと、
なんでもかんでも一緒に判断してほしくないものです!

なお、提言書は前にもご紹介したと思いますが、こちらから入手できます。

提言書「自転車問題の解決に向けて」

東京にお住まいの真っ当なローディの皆さん、
是非とも地元の東京都議 事務所に押しかけ 事務所を訪ね、抗議、提言の誤りを指摘してください。

大概の議員や秘書等は真面目に聴いてくれるはずですから。

 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログへ